Beastie Boysがデビューアルバム『Licensed To Ill』リリース後に解散の危機に陥っていた過去を明かす

白人ラップグループの先駆けとして、またその革新的な音楽性によって後世に強い影響を与えたBeastie Boys。三人の息の合ったマイクリレーが特徴なグループだけに仲の良いイメージが強いグループだが、かつてはそうではなかったようだ。

The Guardianのインタビューに登場したBeastie BoysのMike DとAd-Rockは、1stアルバム『Licesnsed To Ill』のリリース後にグループが一時的な解散の危機に陥っていた過去を明かしている。その時期の三人はお互いに口も利かない程関係が冷え込んでおり、更に経済的に厳しい状態に置かれていたためグループを解散することも考えていたという。

経済的危機の原因の一つにDef Jamの共同設立者Russel Simonsの存在があり、彼は三人に次回作を作らせるために報酬を払っていなかったのだそうだ。「Russelは“お前たちがスタジオに行かなければ、金は払わねえ”って感じだった。彼の駆け引きで俺たちは“あぁ、金は欲しいからな。やるよ。でも俺たち全員からお前にファックだ”って思ってた」とMike Dは語っており、Def Jamとの関係も良好なものではなかったことが分かる。Ad-Rockは「結果的には良かったけどな。でも、もし次のアルバムが失敗してたら俺たちは87年に解散してたと思う」と、『Paul's Boutique』が完成したことによってグループが救われたと述べている。

当時Ad-Rockは映画「Lost Angeles」に主演するなど俳優業をスタートしており、また残りの二人のメンバーもそれぞれ別のバンドを始めていたという。その後2012年にMCAが亡くなってしまうまで三人は順調に活動を続けてきたが、もしも1987年にBeastie Boysが解散していたら『Pauls Boutique』も『Ill Communication』もグランドロイヤルもこの世に無かったということになり、今の音楽はまた別の形になってしまっていただろう。音楽ファンにとってはBeastie Boysが長く続いて良かったといったところだろうか。

RELATED

Beastie BoysのAd-RockとMike DがEminemのニューアルバム『Kamikaze』のアートワークについて語る

先月末にリリースされてからというもの、数多くの若手ラッパーへのディスなど話題の尽きないEminemのニューアルバム『Kamikaze』。

Beastie Boysの"Sabotage"のMVをセサミ・ストリートのキャラで忠実に再現したビデオ『Sesametage』

数多くの名作ミュージックビデオをリリースしているBeastie Boysだが、なかでもスパイク・ジョーンズが監督した"Sabotage"のビデオが印象に残っている人は多いだろう。

FACT. とArkitipのカプセルコレクションを記念したイベントにBeastie BoysのMike Dが来日

DC ShoesやDroorsなど、90’s スケートカルチャーを代表するブランドの創設に携わってきたDamon Wayが新たに立ち上げたDIYカルチャーをテーマにしたブランドFACT.が限定生産のアートマガジンの出版とサブカルチャーのキュレーションで知られるArkitipとのカプセルコレクションをリリースする。

MOST POPULAR

音楽を聴いて鳥肌が立つのは特殊な脳の構造を持つ人だけが経験できるという研究結果

音楽を聴いて鳥肌が立つ、という体験をしたことがあるだろうか。もしあるならば、あなたはとてもラッキーな経験をしている。

大人になってからの音楽の好みは14歳の時に聴いた音楽で形成されている

私たちの音楽の好みは14歳の時に聴いた音楽によって形成されていると、研究により明らかになった。

Appleの重役がiTunesの音楽ダウンロードが終了することを認める

ついにその日が来てしまうのだろうか。先日発表されたアメリカレコード協会(RIAA)の2017年末の収入報告でもデジタルダウンロードの売り上げが2011年以来6年ぶりにCDやアナログレコードなどの売り上げよりも少なくなったと発表されたが、ちょうどそのタイミングでApple Musicの重役のJimmy Iovineが、iTunesストアの音楽ダウンロードが、終了する見込みであることをBBCの取材に対して認めている。