Rihannaがコリン・キャパニック選手をサポートするため2019年スーパーボウルハーフタイムショーのオファーを拒否

アメリカ最大のイベントであるスーパーボウル。その目玉となるハーフタイムショーには音楽ファンならずとも毎年大きな注目が集まっているが、来年アトランタで開催される第53回スーパーボウルのハーフタイムショーのオファーをRihannaが断っていたことが明らかになった。

Us Weeklyが報じるところによると、Rihannaはハーフタイムショーのヘッドライナーのオファーを受けていたが、NFL選手コリン・キャパニックが試合前の国歌斉唱で起立しなかった問題についてのNFL側の対応を支持しない意思を示すためにそれを固辞したという。社会問題に対し誠実な態度をとるRihannaらしい行為と言えるだろう。

キャパニック選手は2016年、警察の残虐行為や人種差別に抗議し「差別がまかり通る国に敬意は払えない」として国歌斉唱の際の起立を拒否。その後、彼が在籍していたチームの49ersは国歌斉唱時に跪くという抗議を開始した。キャパニックは抗議が原因で自由契約となり、NFLとの法的闘争を行うなど様々な問題に取り組んでいる。

次回のスーパーボウルはアトランタで開催されるため、今年の2月にはBruno Marsが「来年のハーフタイムショーにはラッパーを出演させるべき」とのアドバイスをNFLに行っていた。ヒップホップ寄りのアーティストを、という考えからのRihannaへのオファーだったのだろうが、拒否されたのはNFLにとっても手痛いことだろう。関係者によって「Rihannaの代わりにMaroon 5とCardi Bが出演する」というリークが行われたそうだが、果たして来年のハーフタイムショーは誰が出演するのだろうか?

RELATED

Donald GloverとRihannaによる映画『Guava island』の予告編の一部が公開 | 監督はヒロ・ムライ

RihannaとDonald Glover a.k.a. Childish Gambinoの二人がキューバで映画を制作しているという噂が以前より存在していたが、その映画の全貌が明らかになりつつあるようだ。

Rihannaがトランプ大統領が自身の楽曲を無断で使用したことに対してキレる

先日、Pharrellがトランプ大統領に対し、自身の楽曲“Happy”を演説の際に使用しないよう求めたというニュースがあったが、またしても同じようなことが起きた。

Cardi Bが新曲“Money”のアートワークで着けている金のグローブをRihannaが「今まで見た中で一番ゲットーなブツ」と表現

昨日リリースされたCardi Bのシングル“Money”。同曲は先日オフィシャルリリースの前にリークされてしまい、絶賛ビーフ中のNicki Minajのファンによってリークが行われたという説もあるため今後彼女たちのビーフは増々殺伐としていきそうだ。しかし、そういった話題以上に“Money”のアートワークでのCardi Bのファッションが注目を集めている。

MOST POPULAR

音楽を聴いて鳥肌が立つのは特殊な脳の構造を持つ人だけが経験できるという研究結果

音楽を聴いて鳥肌が立つ、という体験をしたことがあるだろうか。もしあるならば、あなたはとてもラッキーな経験をしている。

大人になってからの音楽の好みは14歳の時に聴いた音楽で形成されている

私たちの音楽の好みは14歳の時に聴いた音楽によって形成されていると、研究により明らかになった。

Appleの重役がiTunesの音楽ダウンロードが終了することを認める

ついにその日が来てしまうのだろうか。先日発表されたアメリカレコード協会(RIAA)の2017年末の収入報告でもデジタルダウンロードの売り上げが2011年以来6年ぶりにCDやアナログレコードなどの売り上げよりも少なくなったと発表されたが、ちょうどそのタイミングでApple Musicの重役のJimmy Iovineが、iTunesストアの音楽ダウンロードが、終了する見込みであることをBBCの取材に対して認めている。