Mike DeanがTravis Scottの2013年のライブ映像を公開 | 5年間で彼がどれだけ成長したかを示す

8月にアルバム『ASTROWORLD』をリリースし、名実ともに現在のシーンを代表するアーティストとなったTravis Scott。今年は娘のStormiちゃんが誕生するなど彼にとっては大きな年となったわけだが、そんな彼の5年前の様子をプロデューサーのMike Deanが公開している。

Mike Deanは自身のInstagramにて「五年の間にどれだけのことが変わったか。遠くまで来たよな、これは若いアーティストに希望を与えると思うよ」というキャプションと共にTravis Scottの五年前のライブ映像と、2018年のライブ映像を投稿した。

What a difference 5 years makes. We came a long way @travisscott this gives all young artists hope.

TheRealMikeDeanさん(@therealmikedean)がシェアした投稿 -

年前の映像では、Travisがお世辞にも多いとは言えない観客の前でエネルギッシュなパフォーマンスを披露している様子が映されている。ライブのレベルは高く確実に観客をロックしてはいるが、2013年の彼はまだ知る人ぞ知るアーティストであった。しかし今年の映像では一転して、“SICKO MODE”のイントロが鳴り響くなか大勢の観客が熱狂している様子が映されている。五年の間でシーンを代表するトップアーティストにまで上り詰めた彼の姿は、確かに若いアーティストたちに希望を与えるかもしれない。

先週の土曜日にはSaturday Night Liveに出演した彼が同じく“SICKO MODE”をテレビで披露しており、こちらの映像からは五年前とは比べ物にならない貫禄を感じられる。

Mode

flameさん(@travisscott)がシェアした投稿 -

5年の間に人はここまで成長できるということを証明したTravis Scott。彼の存在は多くの人間にとっての励みになるかもしれない。

RELATED

今週のアルバムチャートの1位がTravis Scottの『Astroworld』ではなく6ix9ineの『DUMMY BOY』だったことが明らかに

先日、ニューアルバム『DUMMY BOY』を無事リリースした6ix9ine。現在、勾留中の彼にとってはいわゆる曰く付きのアルバムとなったわけだが、最新のビルボードアルバムチャートでは初登場1位を獲得すると見られていた。

Travis Scottの“Sicko Mode”が全米シングルチャートで1位に | Travisにとって初の快挙

今週月曜日、Travis Scottの“Sicko Mode”が全米シングルチャートで1位を獲得した。シングルで1位を記録したのはTravis Scottのキャリアで初めての快挙となる。

ジョナ・ヒルがTravis Scottの『Astroworld』を「今年最高のアルバム」と絶賛し、Kanye Westについても語る

90年代のヒップホップカルチャーを題材にとった自伝的映画『Mid 90s』が現在アメリカで公開中の俳優ジョナ・ヒルがGQの“Men of The Year”インタビューに登場。完成した映画やヒップホップなど様々なトピックについて語っている。

MOST POPULAR

音楽を聴いて鳥肌が立つのは特殊な脳の構造を持つ人だけが経験できるという研究結果

音楽を聴いて鳥肌が立つ、という体験をしたことがあるだろうか。もしあるならば、あなたはとてもラッキーな経験をしている。

大人になってからの音楽の好みは14歳の時に聴いた音楽で形成されている

私たちの音楽の好みは14歳の時に聴いた音楽によって形成されていると、研究により明らかになった。

Appleの重役がiTunesの音楽ダウンロードが終了することを認める

ついにその日が来てしまうのだろうか。先日発表されたアメリカレコード協会(RIAA)の2017年末の収入報告でもデジタルダウンロードの売り上げが2011年以来6年ぶりにCDやアナログレコードなどの売り上げよりも少なくなったと発表されたが、ちょうどそのタイミングでApple Musicの重役のJimmy Iovineが、iTunesストアの音楽ダウンロードが、終了する見込みであることをBBCの取材に対して認めている。