ダンスホールレゲエの歴史を紹介する書籍を刊行するためのクラウドファンディングがスタート

RihannaやDrakeなどによって、さらに注目を浴びている音楽ジャンル、ダンスホール。

そのダンスホールの文化や歴史を1冊にまとめた本を作ろうというクラウドファンディングがKickstarterでスタートした。
タイトルは『We of the Dancehall(私たちがダンスホール)』。

「昨今、ダンスホールの影響はDrakeやRihanna、Justin Bieberのような有名アーティストのファッション、言動、作品からも見て取れる」とサイトには書いてある。

実際、Rihannaは自身の最新アルバムがダンスホール色の強いものになるとほのめかしており、ダンスホールの影響は確かにあるといえるだろう。

『We of the Dancehall』は195ページにわたって、ジャマイカのダンスホール文化が現代に影響を与え続けていることを100以上の写真を通して紹介する内容になっているとのこと。

クラウドファンディングはすでに目標の3万ドルを5000ドル以上も越しており、本の刊行は出来るとみられる。

11月7日までクラウドファンディングに参加することは出来るので、興味のある人は是非こちらからチェックしてみてはいかがだろうか。

RELATED

書籍『ライムスター宇多丸の「ラップ史」入門』が刊行 | 日米の歴史をカバーしたビギナーにも最適な1冊に

NHK FMで放送され話題となった番組『今日は一日“RAP”三昧』が元となった書籍、『ライムスター宇多丸の「ラップ史」入門』が、10/30(火)に発売される。

DJ Mitsu the Beatsと吉田雅史による『J・ディラと《ドーナツ》のビート革命』刊行を記念したトークショーが開催

JAZZY SPORT SHIMOKITAZAWAにて、早生の天才ビートメーカー、J・ディラの創作の秘密に迫った『J・ディラと《ドーナツ》のビート革命』の刊行を記念したトークイベントが10/18(木)に開催される。

音楽家・寺尾紗穂のエッセイ集『彗星の孤独』が刊行

2007年にリリースしたピアノ弾き語りによるアルバム『御身』が話題となり以降ソロ作をリリースしつつ、伊賀航、あだち麗三郎と結成したバンド冬にわかれてや坂口恭平バンドにも参加してきた音楽家の寺尾紗穂。

MOST POPULAR

ヘイトスピーチや嫌がらせを発見した時にするべき4つのこと

公共の場で嫌がらせを受けている人を見つけた時はこのように行動しようというイラスト付きのリストを投稿され、多くの人にシェアされている。

テキサスで男性が鋼鉄のフェンスとセックスし逮捕

18日、米テキサス州の32歳の男が鋼鉄のフェンスと性行為を行い、告訴された。法廷に現れず、現在逃亡中とのこと。

ヴェネチアのビエンナーレに出展された「世界東京化計画」とは?世界の有名都市が東京に変化する映像作品

6つの都市が「東京のようなアーバンランドスケープになってしまったら?」というテーマ制作された「世界東京化計画」というビデオ作品はヴェネチア・アーキテクチャー・ビエンナーレで展示されている。