Anderson .Paak とKendrick Lamarがコラボレーションシングル"TINTS"をリリース

先日よりアナウンスされていたAnderson .PaakとKendrick Lamarによるコラボ曲"TINTS"が10月4日(木)にリリースされた。

Anderson .Paakらしいファンキーなビートとボーカル、そしてKendrickのエネルギッシュなラップが合わさったアッパーチューンとなっている。

Kendrickについては今年中にアルバムが発表されるという噂が出たものの公式に否定されてしまったが、今回の"TINTS"は映画『ブラックパンサー』のサントラ以来初のリリースとなる。

Anderson .Paakは現在Dr. Dreのプロデュースによるアルバムの発表を控えているようだが、こちらもどのような作品になっているのだろうか。

RELATED

Kendrick LamarとSZAが次回作より自由契約になる可能性

言わずと知れた人気レーベルのTop Dawg Entertainment。TDEを代表するアーティストといえばKendrick LamarとSZAの二人がいるが、彼らの作品はそれぞれInterscopeとRCAからリリースされている。そのような状況の中、二人が次のアルバムより自由契約になるとHits Daily Doubleが伝えている。

Anderson .PaakとKendrick Lamarのコラボ曲がリリースへ

Dr. Dreがプロデュースし制作されてきたアルバムが完成したと報告を行ったAnderson .Paak。この作品にはまだどんな楽曲が収録されるかはわかっていないが、ビッグコラボチューンも収録されそうだ。

Kendrick Lamarが故Mac Millerについて「彼はいつだって笑っていた」と語る

先週、突如として報じられたMac Millerの死。ヒップホップシーンの内外からMac Millerの人柄の良さを伝えるエピソードと追悼の声が寄せられている中、今回Kendrick LamarがMac Millerとの思い出を語っている。

MOST POPULAR

音楽を聴いて鳥肌が立つのは特殊な脳の構造を持つ人だけが経験できるという研究結果

音楽を聴いて鳥肌が立つ、という体験をしたことがあるだろうか。もしあるならば、あなたはとてもラッキーな経験をしている。

大人になってからの音楽の好みは14歳の時に聴いた音楽で形成されている

私たちの音楽の好みは14歳の時に聴いた音楽によって形成されていると、研究により明らかになった。

Appleの重役がiTunesの音楽ダウンロードが終了することを認める

ついにその日が来てしまうのだろうか。先日発表されたアメリカレコード協会(RIAA)の2017年末の収入報告でもデジタルダウンロードの売り上げが2011年以来6年ぶりにCDやアナログレコードなどの売り上げよりも少なくなったと発表されたが、ちょうどそのタイミングでApple Musicの重役のJimmy Iovineが、iTunesストアの音楽ダウンロードが、終了する見込みであることをBBCの取材に対して認めている。