ベルリンを拠点とするストリートアーティストEL BOCHOの個展『GOLDEN TIMES』が開催

ベルリンを拠点に活動するストリートアーティストEL BOCHOが2年ぶりとなる日本での個展『GOLDEN TIMES』を、10/12(金)から11/25(日)まで東京・池尻の104GALERIE、104GALERIE-Rの2会場で開催する。

最新作の大型ペインティング、ドローイング作品、Little Lucyシリーズを展示する今回、10/12 (金) に開催されるオープニングレセプションでは、数々のインスタレーション作品も観ることができる。

「大都市の日常」をテーマに、人生への切望と喜びと疑問を投げかけてきたEL BOCHOの新作は、中世キリスト教絵画または日本における琳派を彷彿とさせる金箔を背景に起用し、その上から赤や黄色、緑、 青などの原色カラーを用いて描いている。

JET’ AIME, 2018 Acrylic on canvas 230 x 150 cm © EL BOCHO Courtesy of the artist and 104GALERIE
We are dangerous, 2018 Pencil on paper 240 x 138 cm © EL BOCHO Courtesy of the artist and 104GALERIE

彫刻界の重鎮であるロルフ・ビーブル (*1951/ ドイツ ) と緊密に協力し作り上げた 金色と青銅の彫刻作品を制作、発表してきており、中世から伝わる伝統的な金箔と、原色カラーのポップなキャラクターを混成した新作ペインティングの斬新なアイデアには、ビーブルとの新しい出会いも大きいと言える。

2010年には、世界最高峰の広告賞のひとつである「Clio Awards -Contents & Contact 部門」金賞を受賞し、ベルリンで最も有名なストリートアーティストの一人として注目を集めるEL BOCHOの個展に注目が集まる。

RELATED

イラストレーターのたなかみさきが個展をLAID BUGで開催

お酒と歌謡曲をこよなく愛するイラストレーターのたなかみさきが「すなっく」をテーマにした個展を、初台に新たにオープンしたLAID BUGで開催中だ。

NONCHELEEEによる作品集『BOSSA HOUSE』が刊行 | 東京・福岡で展覧会も

このプロジェクトの第一弾として福岡在住のアーティストNONCHELEEEによる作品集『BOSSA HOUSE』が12/1(土)に刊行される。

東京アートブックフェアに先駆けて銀座ソニーパークで「TOKYO ART BOOK FAIR: Ginza Edition」が開催

世界中のアーティストやギャラリー、アーティストが集い、 数日間にわたる会期を通じてのべ2万人超の来場者が訪れ賑わいをみせる東京アートブックフェア。

MOST POPULAR

ヘイトスピーチや嫌がらせを発見した時にするべき4つのこと

公共の場で嫌がらせを受けている人を見つけた時はこのように行動しようというイラスト付きのリストを投稿され、多くの人にシェアされている。

テキサスで男性が鋼鉄のフェンスとセックスし逮捕

18日、米テキサス州の32歳の男が鋼鉄のフェンスと性行為を行い、告訴された。法廷に現れず、現在逃亡中とのこと。

ヴェネチアのビエンナーレに出展された「世界東京化計画」とは?世界の有名都市が東京に変化する映像作品

6つの都市が「東京のようなアーバンランドスケープになってしまったら?」というテーマ制作された「世界東京化計画」というビデオ作品はヴェネチア・アーキテクチャー・ビエンナーレで展示されている。