Pusha TがKanye Westのワイオミングセッションは治療として始まったと語る

今年に入り、世間を賑わせ続けているKanye West。特に印象的だったのは5月から6月にかけてのリリースラッシュだ。彼は自身が関わる作品を一挙に5作品もリリースしたわけだが、それらの作品のレコーディングは全てワイオミングで行われたことは周知の事実だろう。いわゆるワイオミングセッションだ。

今回、5〜6月のKanyeのリリースラッシュのうちの1つでもある『DAYTONA』をリリースしたPusha TがBillboardのインタビューに登場、ワイオミングセッションについて語っている

彼は、「聞いてくれ。俺はKanyeが35個のトラックを作るのを見ていた。だから俺らは話してたんだよ」と話し始め、「Kanyeは全てを先導した。俺は驚異的だと思ったよ。あのセッションは治療としてスタートしたはずだったんだ。俺たちは、‘さあ、一緒にアルバムを作ろう’って感じだった」とワイオミングセッションはKanyeの治療の一環としてスタートしたことを明かした。

結果として、このセッションによって持ち前のクリエイティビティが復活したKanyeは多方面に話題を提供しつづけるようになったというわけだ。

最近もトランプ大統領への支持を改めて表明するなど、謎めいた言動が目立つKanye。

新作『YANDHI』のレコーディングをアフリカで行うそうだが、これも「治療」ということだろうか?

RELATED

Kanye Westがスケボーのトリックを学ぶ

音楽だけではなくファッションやアート、そしてこれは無知をさらすことになってしまったが政治とKanye Westの好奇心は尽きないようだ。

故XXXTentacionの新作『Skins』に参加したKanye Westが、彼のDV疑惑を曲中で擁護していることが判明

Kanye Westの現在製作中だという最新作『Yandhi』に故XXXTentacionが参加していることは以前より伝えられていた。そんな中、今回XXXTentacionの死後初めて発表されるアルバム『Skins』にもKanye Westとのコラボ曲が収録されることが明らかとなった。

Kanye Westのゴーストライターを務めたPardison Fontaineが、自身をゴーストライターだと暴露したKanyeに対して怒りを見せる

ラッパーがゴーストライターを雇うことは現在のラップシーンにおいて珍しいことではない。Kanye WestやCardi Bがゴーストライターを雇っていることは広く知られているが、その両名のリリックを書いた経験もあるラッパーPardison FontaineのインタビューがGQにて公開された。

MOST POPULAR

音楽を聴いて鳥肌が立つのは特殊な脳の構造を持つ人だけが経験できるという研究結果

音楽を聴いて鳥肌が立つ、という体験をしたことがあるだろうか。もしあるならば、あなたはとてもラッキーな経験をしている。

大人になってからの音楽の好みは14歳の時に聴いた音楽で形成されている

私たちの音楽の好みは14歳の時に聴いた音楽によって形成されていると、研究により明らかになった。

Appleの重役がiTunesの音楽ダウンロードが終了することを認める

ついにその日が来てしまうのだろうか。先日発表されたアメリカレコード協会(RIAA)の2017年末の収入報告でもデジタルダウンロードの売り上げが2011年以来6年ぶりにCDやアナログレコードなどの売り上げよりも少なくなったと発表されたが、ちょうどそのタイミングでApple Musicの重役のJimmy Iovineが、iTunesストアの音楽ダウンロードが、終了する見込みであることをBBCの取材に対して認めている。