新レーベルYAOYAがAWAでプレイリストを公開

日本と海外のアーティストのさらなる交流を目指す音楽レーベルYAOYAが、今夏スタート。 Elle Teresaのリリースで幕を開けたこのレーベルのロゴは大人気のデザイナーVERDYによるもの。

同レーベルの公式アカウントがAWAで開設されたのを記念してプレイリスト『🌟 Tokyo Future Wave 🌟』が公開された。このプレイリストにはElle TeresaはもちろんkZmやLISACHRISなどの楽曲が収録されている。プレイリストのアートワークはJun Inagawaによるものだ。

今後もゲリラ的な動きを仕掛けてきそうなYAOYAの動きに注目だ。

 

RELATED

LISACHRISがBIM & kZm、Howie Leeなどが参加したリミックスEP『ARIAGAIN』をリリース

LISACHRISは今年4月にリリースした1st EP『ARIAKE』で、インストゥルメンタルのみで、自身の音世界を表現したが、そのEPに新たな彩りが加えられることになった。

【特集 Red Bull Music Festival Tokyo】『LOST IN KARAOKE』出演者のカラオケの持ち歌

Red Bull Music Festival Tokyoの一環としてカラオケボックスのビルをまるっと借り切ったライブストリーミング配信イベント『LOST IN KARAOKE』が、2018年10月2日(火)19時にカラオケ館西武新宿駅前店から配信される。プライベートに限りなく近い空間で、新気鋭のアーティストを中心にしたラインナップによる、普段よりも親密なパフォーマンスがネット越しに見られるはずだ。

JJJやkZm、MUD、LISACHRISなどが出演するイベント『CLIQUE』が開催

20代前半を中心とした若い世代に、日常で味わえない音楽の感動や本来のクラブシーンにある上品な社交性の提供をコンセプトにしたイベント『CLIQUE』が10/12(金)に代官山UNIT・SALOONにて開催される。

MOST POPULAR

音楽を聴いて鳥肌が立つのは特殊な脳の構造を持つ人だけが経験できるという研究結果

音楽を聴いて鳥肌が立つ、という体験をしたことがあるだろうか。もしあるならば、あなたはとてもラッキーな経験をしている。

大人になってからの音楽の好みは14歳の時に聴いた音楽で形成されている

私たちの音楽の好みは14歳の時に聴いた音楽によって形成されていると、研究により明らかになった。

Appleの重役がiTunesの音楽ダウンロードが終了することを認める

ついにその日が来てしまうのだろうか。先日発表されたアメリカレコード協会(RIAA)の2017年末の収入報告でもデジタルダウンロードの売り上げが2011年以来6年ぶりにCDやアナログレコードなどの売り上げよりも少なくなったと発表されたが、ちょうどそのタイミングでApple Musicの重役のJimmy Iovineが、iTunesストアの音楽ダウンロードが、終了する見込みであることをBBCの取材に対して認めている。