新レーベルYAOYAがAWAでプレイリストを公開

日本と海外のアーティストのさらなる交流を目指す音楽レーベルYAOYAが、今夏スタート。 Elle Teresaのリリースで幕を開けたこのレーベルのロゴは大人気のデザイナーVERDYによるもの。

同レーベルの公式アカウントがAWAで開設されたのを記念してプレイリスト『🌟 Tokyo Future Wave 🌟』が公開された。このプレイリストにはElle TeresaはもちろんkZmやLISACHRISなどの楽曲が収録されている。プレイリストのアートワークはJun Inagawaによるものだ。

今後もゲリラ的な動きを仕掛けてきそうなYAOYAの動きに注目だ。

 

RELATED

EDC JAPAN 2019で第二弾発表でAwich、kZm、Junior Chef、Masayoshi Iimori、Mars89などが出演決定

5/11(土)と5/12(日)に千葉の幕張で開催される『EDC JAPAN 2019』の第二弾出演アーティストが発表となった。

LISACHRISの1srアルバム『Akasaka』のリリース記念イベントがCIRCUS TOKYOで開催

ヒップホップを土台に、ベースミュージックやインダストリアルを含む広義のエレクトロニックミュージックへと発展を遂げているLISACHRIS。先月OILWORKSよりリリースされた彼女の1stアルバム『Akasaka』のリリース記念ライブが、3/30(土)に渋谷 CIRCUS TOKYOにて開催される。

KANGOLの2019SSルックに唾奇、LISACHRIS、Campanella、VaVaが登場 │KANGOL HEADWEAR TOKYO1周年を記念したアニバーサリーパーティも開催

1938年に英国北部で生まれ英国伝統の意思を受け継ぎ、ニューヨークのストリートでヒップホップと最先端ストリートをファッションに融合し続けてきたKANGOLから、2019年春夏のコレクションとして“BERMUDA CASUAL”、“504 HUNTING”、“GALAXY”などKANGOLの象徴となる型がカラーバリエーション豊富に展開される。

MOST POPULAR

音楽を聴いて鳥肌が立つのは特殊な脳の構造を持つ人だけが経験できるという研究結果

音楽を聴いて鳥肌が立つ、という体験をしたことがあるだろうか。もしあるならば、あなたはとてもラッキーな経験をしている。

大人になってからの音楽の好みは14歳の時に聴いた音楽で形成されている

私たちの音楽の好みは14歳の時に聴いた音楽によって形成されていると、研究により明らかになった。

Appleの重役がiTunesの音楽ダウンロードが終了することを認める

ついにその日が来てしまうのだろうか。先日発表されたアメリカレコード協会(RIAA)の2017年末の収入報告でもデジタルダウンロードの売り上げが2011年以来6年ぶりにCDやアナログレコードなどの売り上げよりも少なくなったと発表されたが、ちょうどそのタイミングでApple Musicの重役のJimmy Iovineが、iTunesストアの音楽ダウンロードが、終了する見込みであることをBBCの取材に対して認めている。