KojoeがMUDとFebbを迎えた"Salud"のillmoreによるリミックスバージョンのミュージックビデオ

Kojoeが昨年リリースしたアルバム『here』に収録されていた楽曲で、MUDと夭逝したFebbを迎えた"Salud"。この曲をビートメイカーのillmoreがリミックスしたバージョンのミュージックビデオが公開された。

illmoreによるリミックスバージョンは、よりセンチメンタルなグルーヴを強調していて、それぞれのラップがより染み込んでくるような仕上がりに。Kojoeのミュージックビデオを多く制作してきたIkuo Yamamotoによるミュージックビデオは、レコーディング風景などを収めたものとなっていて、故Febbの在りし日の姿も収録されている。

またKOJOE x illmoreによる謎の作品『da fLip』が明日10/4から発売されるとillmoreが発表している。

RELATED

夭逝したFEBB AS YOUNG MASONのドキュメンタリーが本日スペースシャワーTVの『BLACK FILE』で放送

今年2/15にラッパー・プロデューサー・DJとして活躍してきたFEBB AS YOUNG MASONが24歳の若さで他界した。

MUDが新作EP『VALUE THE PRESENT』をリリースへ | KEIJU、Gottzなどが参加

KANDYTOWNのメンバーで、クルー随一のラッパーとして評価の高いMUDによるEP『VALUE THE PRESENT』が、12/25(火)にリリースされることになった。

Gottzのアルバム『SOUTHPARK』からMUDとRyugo Ishidaをフィーチャーした"The Lights"のミュージックビデオ

Gottzが10月にリリースしたソロアルバム『SOUTHPARK』から、KANDYTOWNの盟友MUDとRyugo Ishidaをフィーチャーした“The Lights”のミュージックビデオが公開となった。

MOST POPULAR

音楽を聴いて鳥肌が立つのは特殊な脳の構造を持つ人だけが経験できるという研究結果

音楽を聴いて鳥肌が立つ、という体験をしたことがあるだろうか。もしあるならば、あなたはとてもラッキーな経験をしている。

大人になってからの音楽の好みは14歳の時に聴いた音楽で形成されている

私たちの音楽の好みは14歳の時に聴いた音楽によって形成されていると、研究により明らかになった。

Appleの重役がiTunesの音楽ダウンロードが終了することを認める

ついにその日が来てしまうのだろうか。先日発表されたアメリカレコード協会(RIAA)の2017年末の収入報告でもデジタルダウンロードの売り上げが2011年以来6年ぶりにCDやアナログレコードなどの売り上げよりも少なくなったと発表されたが、ちょうどそのタイミングでApple Musicの重役のJimmy Iovineが、iTunesストアの音楽ダウンロードが、終了する見込みであることをBBCの取材に対して認めている。