BAD HOPが11月に開催する武道館ライヴで新作『BAD HOP ALL DAY Vol 2』を来場者に無料配布

BAD HOPが11/13(火)に開催する日本武道館でのワンマンライヴ『BreatH of South』の来場者に、新作『BAD HOP ALL DAY Vol 2』を無料配布すると発表した。

BAD HOPは一昨年オンライン上での無料配布という形で『BAD HOP ALL DAY』をリリースしており、今作はその続編となる。ジャケットも公開されたこの作品に収録される楽曲は全て新曲となる。

またBAD HOPが手がけるアパレルプロジェクトBreatHの第一弾アイテムも販売、1日で完売となっており、その勢いは武道館まで止まる気配がない。

RELATED

BAD HOPの『BAD HOP ALL DAY vol 2』からYZERRとBarkによる"No New Friends"のミュージックビデオ

BAD HOPが完売となった日本武道館でのワンマンライヴで配布する『BAD HOP ALL DAY vol 2』から、"Whatever"に続きYZERRとBarkによる"No New Friends"のミュージックビデオを公開した。

BAD HOPが武道館ライヴで無料配布する『BAD HOP ALL DAY vol 2』から"Whatever feat. YZERR & Tiji Jojo"を公開

11/13(火)に東京・日本武道館で初のライヴを行うBAD HOPが、来場者に無料配布する新作『BAD HOP ALL DAY vol 2』から、YZERRとTiji Jojoが参加した"Whatever"をYouTubeで無料公開した。

BAD HOPが川崎と大阪で自身のブランドBreatHのPOP UP&フリーライヴを開催

先日アナウンスした武道館ライヴのチケットも完売させたBAD HOPが、10月に川崎と大阪で、自身が立ち上げたブランドBreatHのPOP UPと、昨年開催したフリーライヴ『IRREGULAR BOUND』の第二弾を開催する。

MOST POPULAR

音楽を聴いて鳥肌が立つのは特殊な脳の構造を持つ人だけが経験できるという研究結果

音楽を聴いて鳥肌が立つ、という体験をしたことがあるだろうか。もしあるならば、あなたはとてもラッキーな経験をしている。

大人になってからの音楽の好みは14歳の時に聴いた音楽で形成されている

私たちの音楽の好みは14歳の時に聴いた音楽によって形成されていると、研究により明らかになった。

Appleの重役がiTunesの音楽ダウンロードが終了することを認める

ついにその日が来てしまうのだろうか。先日発表されたアメリカレコード協会(RIAA)の2017年末の収入報告でもデジタルダウンロードの売り上げが2011年以来6年ぶりにCDやアナログレコードなどの売り上げよりも少なくなったと発表されたが、ちょうどそのタイミングでApple Musicの重役のJimmy Iovineが、iTunesストアの音楽ダウンロードが、終了する見込みであることをBBCの取材に対して認めている。