Earl Sweatshirtが3年ぶりにアルバムをリリースすることをほのめかす

2015年にアルバム『I Don’t’ Like Shit I Don’t Go Outside』を発表して以来3年もの間沈黙を保ち続けてきたEarl Sweatshirtが、新たな楽曲をリリースすることを予告した。

Earl Sweatshirtは9月25日、自身のTwitterにおいて「バイブスが来てる…『SRS』はもうすぐだよ。待つのはもう終わりだ」とツイートしている(後に削除)。

ツイートが削除されてしまったことは残念だが、それでも彼の中でアルバム『SRS』をリリースしようという機運が高まったことは事実なのだろう。
ちなみに、reddit上のファンによると彼はここ最近ニューヨークのグループStanding on the Cornerと行動を共にしているようで、彼らとコラボしたアルバムを作っているのではないか、という噂も流れているようだ。

今年の頭には「2018年には曲を出す。働いてなかったとは思わないでくれ」とツイートしていた彼だが、果たして本当にアルバムの完成は近づいているのだろうか?

RELATED

Earl Sweatshirtが爆発的に人気を得ることに対して警鐘を鳴らす

昨年10月に3枚目のアルバム『Some Rap Songs』をリリースし、先日映像作品『Nowhere,Nobody』を発表したEarl Sweatshirtが爆発的に人気になる事に対し、「急上昇する事と急降下する事は一体だ。」とツイートした。

Earl Sweatshirtが映像作品『Nowhere, Nobody』を発表

昨年10月に3枚目のアルバム『Some Rap Songs』をリリースしたEarl Sweatshirt。先日は自身のアパレルライン「DEATHWORLD」のウィンターコレクションを発表するなど多岐にわたる活動を続ける彼が、映像作品『Nowhere, Nobody』を発表した。

Earl SweatshirtがColumbia Recordsを抜けてフリーで活動することについて「興奮している」と語る

昨年11月末にアルバム『Some Rap Songs』をリリースしたEarl Sweatshirt。同作はメジャーレーベルであるColumbia Recordsからリリースされたものだが、今回彼がレーベルを抜けてフリーで活動する意志をPitchforkのインタビューにて表明した。

MOST POPULAR

音楽を聴いて鳥肌が立つのは特殊な脳の構造を持つ人だけが経験できるという研究結果

音楽を聴いて鳥肌が立つ、という体験をしたことがあるだろうか。もしあるならば、あなたはとてもラッキーな経験をしている。

大人になってからの音楽の好みは14歳の時に聴いた音楽で形成されている

私たちの音楽の好みは14歳の時に聴いた音楽によって形成されていると、研究により明らかになった。

Appleの重役がiTunesの音楽ダウンロードが終了することを認める

ついにその日が来てしまうのだろうか。先日発表されたアメリカレコード協会(RIAA)の2017年末の収入報告でもデジタルダウンロードの売り上げが2011年以来6年ぶりにCDやアナログレコードなどの売り上げよりも少なくなったと発表されたが、ちょうどそのタイミングでApple Musicの重役のJimmy Iovineが、iTunesストアの音楽ダウンロードが、終了する見込みであることをBBCの取材に対して認めている。