6ix9ineがYoung Chopを「ビートメイクを勉強するために大学へ行っていた」と煽る

数多のビーフを抱え、相手を徹底的に煽り倒すスタイルで知られている6ix9jne。ここ最近は慈善活動を積極的に行なっている様子などポジティブなニュースが多く伝えられていたが、以前より続いているChief Keefとのビーフが再び勢いを増しているようだ。

6ix9ineは昨日、InstagramライブにてChierf KeefをプロデュースしているYoung Chopをディス。「誰かあのデブを呼んでこいよ」と発した後、「Young Chopはバカだ、ビートを作るために大学に行ったんだからな。大した勇気だよ。ガキはバカだ」とYoung Chopの経歴をネタにし、彼らしいテクニカルな煽りを披露した。

#tekashi69 roasts #yougchop

DJ Akademiksさん(@akadmiks)がシェアした投稿 -

Young Chop側も6ix9ineを「間抜けな野郎」と呼ぶなど口撃は行なっているが、個人的な事情や身体的な特徴などをバカにするのはあまり褒められたことではないだろう。

終わる気配を見せない6ix9ineとシカゴ勢とのビーフだが、果たして彼らの間に
雪解けはあるのだろうか?

RELATED

6ix9ineが自身のクルー全員を解雇し全米ツアーの中止を発表

1週間後には自身初のスタジオアルバム『Dummy Boy』のリリースを控える6ix9ineが、ある決断を下した。

6ix9ine、Nicki Minaj、Kanye WestのコラボMVの撮影費用に5500万円をつぎ込む

強盗や銃撃事件など様々なトラブルに巻き込まれがちなラッパー6ix9ineが、またもや銃撃を受けた。

Chuck DがKanye Westに対し「お前は6ix9ineとつるむには歳をとりすぎている」と諌める

Kanye Westと6ix9ine、そしてNicki Minajの三人は以前よりコラボ曲を作っていることが伝えられており、MVをビバリーヒルズにて撮影していた。そんな中、先週木曜日にKanyeら三人が撮影を行なっていた家の付近で彼らを狙ったと見られる銃撃事件が発生。それを受けて、Public EnemyのリーダーChuck Dがコメントを発表している。

MOST POPULAR

音楽を聴いて鳥肌が立つのは特殊な脳の構造を持つ人だけが経験できるという研究結果

音楽を聴いて鳥肌が立つ、という体験をしたことがあるだろうか。もしあるならば、あなたはとてもラッキーな経験をしている。

大人になってからの音楽の好みは14歳の時に聴いた音楽で形成されている

私たちの音楽の好みは14歳の時に聴いた音楽によって形成されていると、研究により明らかになった。

Appleの重役がiTunesの音楽ダウンロードが終了することを認める

ついにその日が来てしまうのだろうか。先日発表されたアメリカレコード協会(RIAA)の2017年末の収入報告でもデジタルダウンロードの売り上げが2011年以来6年ぶりにCDやアナログレコードなどの売り上げよりも少なくなったと発表されたが、ちょうどそのタイミングでApple Musicの重役のJimmy Iovineが、iTunesストアの音楽ダウンロードが、終了する見込みであることをBBCの取材に対して認めている。