Cardi BがRihannaにインスタグラムのフォローを外されたという噂に対して反応

ビーフから取っ組み合いの喧嘩にまで発展したCardi BとNicki Minaj。それ以来Cardi Bに対する様々な憶測が飛び交っている。今回の一件後、多くのセレブリティがCardi Bのフォローを外したと話題になっているが、それに対してCardi Bは「もともとフォローされていなかった」と反論した。

Nicki Minajに「同情と賄賂でキャリアを築いた」とディスられたCardi Bは、NYファッションウィークで開催されたICON’Sパーティにて、Nicki Minajに向かって靴を投げつけ、取っ組み合いの喧嘩になった。

今回の二人の事件後、一度はCardi Bを支持していたセレブリティたちが次々とCardi Bを見捨てたという複数の報道がされた。そのうちの1人がRihannaであり、インスタでCardi Bのフォローを外し、自身の主催するチャリティイベント『ダイアモンドボール』にCardi Bを招待せず出禁にするという噂が流れた。

『MediaTakeOut』の報道によると、RihannaのチームはCardi Bにコンタクトし、『ダイアモンドボール』への招待をしないという旨と、当日姿を表した場合、セキュリティガードが退出させるという警告を本人にしたようだ。Cardi Bの振る舞いはチャリティイベントである『ダイアモンドボール』に相応しくないと判断したという。

これらの噂についてCardi B本人はインスタグラムのライブ配信で反応。ライブ配信で彼女のキャリアと今後のことについて、そしてセレブリティ達にフォローを外されたという噂について語った。

「複数のセレブリティ達が私のことをアンフォローしたという噂を大勢の人たちが流しているけど、それらは全くの嘘よ。そもそもそのセレブリティ達は私をフォローしてなかった。あたかも私が完全に終わったかのように見せるために噂を流すのをやめてくれない?」とインスタライブでCardi Bは発言。フォローを外したと噂されている人たちは全員もともと彼女のことをフォローしていなかったと主張した。

Cardi Bのインスタライブをキャプチャした動画はこちら

RELATED

Cardi Bが自身のキャッチフレーズ「Okurrr!」を商標登録へ

Jay-Zならば「Hov!」、Lil Pumpならば「Eskeetit!」など今も昔も人気ラッパーは自身のトレードマークともいえるキャッチフレーズを持っていることが多い。また、そのキャッチフレーズはリスナーに自身を印象づける強力な武器にもなる。今では大人気フィメールラッパーとしての地位を確立したCardi Bも「Okurrr!」という特徴的なキャッチフレーズを持っているが、そんな彼女が「Okurrr!」を商標登録しようと動いているようだ。

Reebokの90年代を代表するシューズ「AZTREK」にシーズナリーカラーが登場 │ Cardi BとFutureが出演するムービーも公開

歴代の名作を中心に展開するReebokのカジュアルライン“Reebok CLASSIC”から、90年代の主要なモデルである「AZTREK」の新色が3月1日(金)に発売される。

Cardi BとBruno Marsのコラボ曲"Please Me"がリリース

Bruno Marsが"Finesse"のリミックスで共演を果たした、Cardi Bとのコラボ曲"Please Me"を緊急リリースした。

MOST POPULAR

音楽を聴いて鳥肌が立つのは特殊な脳の構造を持つ人だけが経験できるという研究結果

音楽を聴いて鳥肌が立つ、という体験をしたことがあるだろうか。もしあるならば、あなたはとてもラッキーな経験をしている。

大人になってからの音楽の好みは14歳の時に聴いた音楽で形成されている

私たちの音楽の好みは14歳の時に聴いた音楽によって形成されていると、研究により明らかになった。

Appleの重役がiTunesの音楽ダウンロードが終了することを認める

ついにその日が来てしまうのだろうか。先日発表されたアメリカレコード協会(RIAA)の2017年末の収入報告でもデジタルダウンロードの売り上げが2011年以来6年ぶりにCDやアナログレコードなどの売り上げよりも少なくなったと発表されたが、ちょうどそのタイミングでApple Musicの重役のJimmy Iovineが、iTunesストアの音楽ダウンロードが、終了する見込みであることをBBCの取材に対して認めている。