Anderson .PaakとKendrick Lamarのコラボ曲がリリースへ

Dr. Dreがプロデュースし制作されてきたアルバムが完成したと報告を行ったAnderson .Paak。この作品にはまだどんな楽曲が収録されるかはわかっていないが、ビッグコラボチューンも収録されそうだ。

October 4th

CHEEKY ANDYさん(@anderson._paak)がシェアした投稿 -

.PaakはInstagramで、Kendrick Lamarとのツーショット写真を公開、October 4thとキャプションを書いている。ここから推測できることは10/4に.PaakとKendrick Lamarのコラボ曲がリリースされるというものだろう。この楽曲は.Paakのアルバムに収録されるものなのだろうか。

この2人は親交が深いことが知られていて、頻繁にコミュニケーションを取っていたという。またKendrick Lamarがプロデュースした『ブラックパンサー』のサントラにも.Paakが参加しており、そのお返しに.PaakのアルバムにKendrickが参加するのもスムーズな展開といえるだろう、10/4を楽しみに待ちたい。

RELATED

Kendrick Lamarはかつて2Pacの幽霊を観たことがある?

ハロウィンも近づいてきた今日この頃。「幽霊を見たことがある」という怪談は世の中に数えきれないほどあるが、尊敬している人物の幽霊なら会ってみたいと思う人も多いのではないだろうか。

Anderson .Paak とKendrick Lamarがコラボレーションシングル"TINTS"をリリース

先日よりアナウンスされていたAnderson .PaakとKendrick Lamarによるコラボ曲"TINTS"が10月4日(木)にリリースされた。

Kendrick LamarとSZAが次回作より自由契約になる可能性

言わずと知れた人気レーベルのTop Dawg Entertainment。TDEを代表するアーティストといえばKendrick LamarとSZAの二人がいるが、彼らの作品はそれぞれInterscopeとRCAからリリースされている。そのような状況の中、二人が次のアルバムより自由契約になるとHits Daily Doubleが伝えている。

MOST POPULAR

音楽を聴いて鳥肌が立つのは特殊な脳の構造を持つ人だけが経験できるという研究結果

音楽を聴いて鳥肌が立つ、という体験をしたことがあるだろうか。もしあるならば、あなたはとてもラッキーな経験をしている。

大人になってからの音楽の好みは14歳の時に聴いた音楽で形成されている

私たちの音楽の好みは14歳の時に聴いた音楽によって形成されていると、研究により明らかになった。

Appleの重役がiTunesの音楽ダウンロードが終了することを認める

ついにその日が来てしまうのだろうか。先日発表されたアメリカレコード協会(RIAA)の2017年末の収入報告でもデジタルダウンロードの売り上げが2011年以来6年ぶりにCDやアナログレコードなどの売り上げよりも少なくなったと発表されたが、ちょうどそのタイミングでApple Musicの重役のJimmy Iovineが、iTunesストアの音楽ダウンロードが、終了する見込みであることをBBCの取材に対して認めている。