EVISBEATSがまだ見ぬ才能に出会うためにオーディションを開催

5月に新作『ムスヒ』をリリースしたばかりのEVISBEATSが、Twitter上で興味深い試みを行っている。

EVISBEATSは、まだ見ぬ才能に出会うためにトラックを制作、そのトラックに参加するアーティストをオーディション形式で募集するとツイートしている。参加したいアーティストはまず自身の楽曲をevisbeats.audition.entry1@gmail.comに送信することが求められている。ラッパーだけではなく、幅広いアーティストからの参加を呼びかけているEVISBEATSは、日本語だけでなく英語でもツイートしている。このオーディションは9/29(土)までの一週間限定で開催される。

RELATED

EVISBEATSの新作『ムスヒ』から"作ってあそぼ feat. 鎮座DOPENESS"のミュージックビデオが解禁

EVISBEATSのニューアルバム『ムスヒ』から、鎮座DOPENESSをフィーチャーした"作ってあそぼ"のミュージックビデオが公開された。 同作からは"NEW YOKU feat. CHAN-MIKA"のミュージックビデオが公開されており、この曲が2曲目となる。 楽曲のテーマにあわせて多...

EVISBEATSの新作『ムスヒ』が2LPでアナログ化 | 『ひとつになるとき』と『いい時間/ゆれる』の再発も決定

EVISBEATSが5/2(水)にリリースしたニューアルバム『ムスヒ』が、2LPで7月にアナログリリースされることになった。

EVISBEATSの待望の新作『ムスヒ』から"NEW YOKU feat. CHAN-MIKA"のミュージックビデオ

EVISBEATSが昨日リリースした6年ぶりのニューアルバム『ムスヒ』から、"NEW YOKU feat. CHAN-MIKA"のミュージックビデオが公開された。

MOST POPULAR

音楽を聴いて鳥肌が立つのは特殊な脳の構造を持つ人だけが経験できるという研究結果

音楽を聴いて鳥肌が立つ、という体験をしたことがあるだろうか。もしあるならば、あなたはとてもラッキーな経験をしている。

大人になってからの音楽の好みは14歳の時に聴いた音楽で形成されている

私たちの音楽の好みは14歳の時に聴いた音楽によって形成されていると、研究により明らかになった。

Appleの重役がiTunesの音楽ダウンロードが終了することを認める

ついにその日が来てしまうのだろうか。先日発表されたアメリカレコード協会(RIAA)の2017年末の収入報告でもデジタルダウンロードの売り上げが2011年以来6年ぶりにCDやアナログレコードなどの売り上げよりも少なくなったと発表されたが、ちょうどそのタイミングでApple Musicの重役のJimmy Iovineが、iTunesストアの音楽ダウンロードが、終了する見込みであることをBBCの取材に対して認めている。