Spotifyがインディーのアーティストが直接楽曲をアップロード出来る機能を追加

今まで、インディーのアーティストが自身の手で楽曲をアップロードするためのプラットフォームはSoundCloudとBandcampが主流だった。しかし今回、世界最大のストリーミングサービスSpotifyが、ディストリビューターなどを通さずに直接楽曲をアップロードできる機能を追加すると発表した。

昨日9月20日、Spotifyはプレスリリースにて自主で活動するアーティストが直接楽曲をリリース出来る機能の追加をアナウンス、このサービスでは自分でリリースの日付を決められ、サイト上でどのように作品が見られるかをプレビューでき、アーティストが自らの手で完全に作品をコントロールすることが出来る。さらに、ストリーミング回数に応じてアーティストは毎月収入を得られ、楽曲のリリースは全てのユーザーが無料で行えるという。

Spotifyのプレスリリースには「我々は顧客のニーズを理解するために、Noname、Michael Brun、VIAA、Hot Shadeのような自主で活動するアーティストたちと仕事をしてきました。彼らのフィードバックによって、さらに幅広いアーティストに使ってもらえる準備が出来ています」と、実際に自主で活動するアーティストから直接得られた意見をもとにサービスを構築したことが記されている。

現在このサービスはβ版が使用可能となっているが、今のところ対象となっているのはアメリカで活動するアーティストのみとなっている。しかし今後もアップデートが続けられるというので、いつか日本のアーティストもSpotifyに楽曲を直接アップロード出来るようになる日が来るのかもしれない。Spotifyのメーリングリストに登録すると、アップデートの情報をいち早くゲットすることが出来るそうだ。気になる方は登録してみては?

 

RELATED

Spotify × FNMNLオフィシャルプレイリスト Vol.80 | Lil Peep、Smino、田我流など35曲を更新

世界最大の音楽ストリーミングサービスSpotifyで展開中のFNMNLによるオフィシャルプレイリスト。毎週リリースされる新譜から、編集部がラップなどを中心に35曲をピックアップし水曜に更新。

Kris WuのアメリカのiTunesでのセールスが不正に操作された疑いでデータ会社が調査に乗り出す

EXOの元メンバーであり、現在はKris Wu名義で活動を行っている中国人シンガーのウー・イーファン。 以前リリースした“Deserve”ではTravis Scottをフィーチャリングに迎え、見事アメリカのiTunesで1位を獲得した。

Spotify × FNMNLオフィシャルプレイリスト Vol.79 | 宇多田ヒカル、Metro Boomin、Vince Staplesなど35曲を更新

世界最大の音楽ストリーミングサービスSpotifyで展開中のFNMNLによるオフィシャルプレイリスト。毎週リリースされる新譜から、編集部がラップなどを中心に35曲をピックアップし水曜に更新。

MOST POPULAR

音楽を聴いて鳥肌が立つのは特殊な脳の構造を持つ人だけが経験できるという研究結果

音楽を聴いて鳥肌が立つ、という体験をしたことがあるだろうか。もしあるならば、あなたはとてもラッキーな経験をしている。

大人になってからの音楽の好みは14歳の時に聴いた音楽で形成されている

私たちの音楽の好みは14歳の時に聴いた音楽によって形成されていると、研究により明らかになった。

Appleの重役がiTunesの音楽ダウンロードが終了することを認める

ついにその日が来てしまうのだろうか。先日発表されたアメリカレコード協会(RIAA)の2017年末の収入報告でもデジタルダウンロードの売り上げが2011年以来6年ぶりにCDやアナログレコードなどの売り上げよりも少なくなったと発表されたが、ちょうどそのタイミングでApple Musicの重役のJimmy Iovineが、iTunesストアの音楽ダウンロードが、終了する見込みであることをBBCの取材に対して認めている。