DCに新ラインDCBAが誕生 | デザインディレクターはSON OF THE CHEESEの山本海人

スケートボードシューズブランドとして1994年の設立以来シーンを牽引してきたDCから、新たなラインが登場する。

より都会的で洗練されたオトナのためのストリートウェアをテーマにしたカプセルコレクションDCBAがローンチされる。デザインディレクターにSON OF THE CHEESEの山本海人を迎え、「DCBA by SON OF THE CHEESE」としてシックなルックスのスケートシューズ等を展開、ファーストシーズンにふさわしいラインナップとなった。

Web
https://www.dcshoes.jp/dcba

Instagram
https://www.instagram.com/dcba_tokyo/

RELATED

MOST POPULAR

NYのSupremeファンを恐怖に陥れるThe Apeとは?!

NYではSupremeはご用心

NYのスケーターの間でSupreme離れが進んでるとの報道。ルイ・ヴィトンとのコラボが影響か

Supremeとルイ・ヴィトンとのコラボの影響はポジティブな面でも、ネガティブなでも、その影響は大きそうだ。ポジティブな面で言うとこのストリートファッションシーンの巨人が、前人未到の地位にいることを再確認させてくれた。コラボ直後にはルイ・ヴィトンを手がける世界最大のファッション企業体LVMHグループがSupremeを買収するという噂話も、まことしやかに流された。

Thrasherの編集長がスケーターアイテムを着るセレブを批判

Thrasherは1981年に創刊されたスケート雑誌の象徴といえる存在だ。現在ファッション業界でThrasherのロゴが入ったTシャツやパーカーなどのアイテムが、トレンドになっている。