Theo ParrishとMarcellus PittmanによるB2Bセットが東京でも開催

デトロイトハウスシーンにその名を刻むユニットである3Chairsに共に参加し、当地のダンスミュージックを発信してきたTheo ParrishとMarcellus PittmanによるB2Bでのオープントゥラストセットが、すでに発表されている大阪に加え、東京での公演も11/10(土)に東京・渋谷Contactで決定した。

ヒップホップグループHome GrownのビートメイカーだったMarcellus Pittmanは、Theoに出会ったのがきっかけで、彼のレーベルSound Signatureから『Essential Selections』Vol.1と2をリリース。その後Rick Wilhite、Kenny Dixon Jr. aka Moodymann、Theo Parrishで構成されていた3Chairsに、4番目のメンバーとしてDJツアーやプロダクションに参加している。

お互いの音楽性の良き理解者である2人によるB2Bは、互いの選曲やミックスを刺激し合うセッションになるだろう。DekmantelやCorsica Studioでは開催されてきたこのB2Bセットだが日本では初披露となる。情報解禁と同時に100枚限定早割券が、e+、RAなどで販売開始に。

Info

11/10(土)
Theo Parrish & Marcellus Pittman 2018

Open 22:00
¥2500 Before 23:00 / Under 23 / Early Bird 100 limited
¥2800 GH S member
¥3000 Advance
¥3300 with flyer
¥3800 Door

大阪公演
11/9(金) 大阪中崎町 NOON+CAFE
http://noon-cafe.com/event/theo-parrish-marcellus-pittman/

RELATED

THEO PARRISH JAPAN TOUR 2017の詳細が決定 | ロングセットや朝霧ジャムにも出演

デトロイト出身で、現在のダンスミュージックシーンにおいて重要なアーティストの1人であるTHEO PARRISHが、今秋全5公演の日本ツアーを開催する。

MOST POPULAR

音楽を聴いて鳥肌が立つのは特殊な脳の構造を持つ人だけが経験できるという研究結果

音楽を聴いて鳥肌が立つ、という体験をしたことがあるだろうか。もしあるならば、あなたはとてもラッキーな経験をしている。

大人になってからの音楽の好みは14歳の時に聴いた音楽で形成されている

私たちの音楽の好みは14歳の時に聴いた音楽によって形成されていると、研究により明らかになった。

Appleの重役がiTunesの音楽ダウンロードが終了することを認める

ついにその日が来てしまうのだろうか。先日発表されたアメリカレコード協会(RIAA)の2017年末の収入報告でもデジタルダウンロードの売り上げが2011年以来6年ぶりにCDやアナログレコードなどの売り上げよりも少なくなったと発表されたが、ちょうどそのタイミングでApple Musicの重役のJimmy Iovineが、iTunesストアの音楽ダウンロードが、終了する見込みであることをBBCの取材に対して認めている。