霜田恵美子と蛭子能収によるジャケットも強烈な、楽しい音楽による80'sテクノポップ作が復刻

『キューピーたらこソース』のCMディレクターとしても知られる加藤良1こと加藤良助が中心となって1980年に結成された宅録ユニット、楽しい音楽。

実験的な80'sニューウェーブ・サウンドから、後に日本のThe Residents、Der Planとカルト的な人気を博し、昨年にはコンプリート盤『ひょっこり』(SUPER FUJI DISCS/FJSP273)がCD3枚組でリリースされるなど再評価も進んでいるが、最重要作がアナログ再発となる。

今回再発される『やっぱり』には、吉川洋一郎(戸川純とヤプーズ)、あがた森魚が参加し、霜田恵美子(表)と蛭子能収(裏)による印象的なジャケットも相まって、当時インディーズ・チャート1位のスマッシュヒットを記録。初のアナログ・リイシューに際して、オリジナル盤収録曲に加えて、"不協和音楽"と"プラネタリウム投影機(inst)"の2曲をボーナストラックとして収録した。

Info

楽しい音楽 / 『やっぱり』(10")
発売日: 2018年12月5日(水)
価格: 3,000円+税
レーベル:JET SET
品番: JS10S013
形態: 10"
収録曲:
Side A
1. にっぽん絵葉書模様
2. ピラニア・ボーイ
3. 道でばったり動物たち
4. まわるよ
5. やっぱり
6. 不協和音楽

Side B
1. お茶の間
2. プラネタリウム投影機
3. オール怪獣総進撃
4. いやいやニコニコ
5. スピークスペル
6. おわかれスイング
7. プラネタリウム投影機(inst.)

■JET SET Online Shopにて予約受付中

https://www.jetsetrecords.net/i/814005509049/

RELATED

YOKOHAMA RECORD MARKETが明日開催 | VIDEOTAPEMUSICやOMSBもDJで出演

横浜・みなとみらいの象の鼻テラスで、明日9/30(日)にYOKOHAMA RECORD MARKETが開催される。

レコードの日レーベル第1弾リリースとしてトリプルファイヤーや柴田聡子、シャムキャッツなどが参加した大瀧詠一カバー集が発売決定

国内最大級のアナログレコードのイベントとして今年で4年目の開催となる、レコードの日。今年もレコードの日当日には多彩なアーティストのアナログレコードが一斉に発売となる。第1弾発表ではジブリ作品のサントラやクレイジーケンバンド最新アルバムの待望のアナログ化などがアナウンスされたが、第二弾ではレコードの日レーベルの第1弾作品のリリースがアナウンスされた。

ロンドン、東京、世界を結ぶ注目のコミュニティがキュレートするレコードレーベルが始動

多くの芸術家や音楽家が集まり現在のロンドンでも最も活気のあるエリアハックニー地区の倉庫跡地で、レジデントDJのCedric Wooら3人のファウンダーによって13年以上も開催される人気パーティー「Beauty & The Beat」

MOST POPULAR

音楽を聴いて鳥肌が立つのは特殊な脳の構造を持つ人だけが経験できるという研究結果

音楽を聴いて鳥肌が立つ、という体験をしたことがあるだろうか。もしあるならば、あなたはとてもラッキーな経験をしている。

大人になってからの音楽の好みは14歳の時に聴いた音楽で形成されている

私たちの音楽の好みは14歳の時に聴いた音楽によって形成されていると、研究により明らかになった。

Appleの重役がiTunesの音楽ダウンロードが終了することを認める

ついにその日が来てしまうのだろうか。先日発表されたアメリカレコード協会(RIAA)の2017年末の収入報告でもデジタルダウンロードの売り上げが2011年以来6年ぶりにCDやアナログレコードなどの売り上げよりも少なくなったと発表されたが、ちょうどそのタイミングでApple Musicの重役のJimmy Iovineが、iTunesストアの音楽ダウンロードが、終了する見込みであることをBBCの取材に対して認めている。