ScHoolboy QがMac Millerの死を受けてアルバムの制作を一時的に中止

今年中にニューアルバムをリリースすると噂されているScHoolboy Qが、友人のMac Millerの死を受けてアルバムの制作を一時的に中止することを発表した。

ScHoolboy Qはライブの最中にアルバムが遅れていることについて言及し、「俺は今まで2年ごとにアルバムをドロップしてきただろ?でも聞いてくれ、俺の友達がいなくなってしまって、今はアルバムを作れるような気持ちじゃないんだ」と、Mac Millerを失ったことを受け入れるための時間が必要だと明かしている。続けて、「今言えることは、俺はいま自分自身を見失っているんだ。今ここにいるべきじゃない。でも、Macは俺が悲しい気持ちで家に居ることは望んでいないはずだ。こういうとき、彼はいつも何か変なことをしてピエロになってくれるんだ。今日ここにいるのは、俺が家で座ってビッチでいることを彼が許してくれないからだ。俺はビッチになんかならねえよ」と、Mac Millerとの思い出と彼のためにライブをしようとする意志を示した。

“Gees”、“Friends”、“Melt”とMac Millerとのコラボレーションを多く行なっているScHoolboy Qにとって、アルバムを作るにはどうしても心の整理が必要となってしまうのだろう。彼は「俺は戻ってくる。そしてアルバムを出した時に答えを見つけ出すんだ。約束するよ」と、先にはなってしまうが必ずアルバムをリリースすることを宣言している。

Mac Millerの死を乗り越えたアルバムはどのようなものに仕上がるのだろうか?彼の心の整理がつくまで、ゆっくりとアルバムを待ちたい。

RELATED

Madlibが故Mac Millerとのコラボアルバム『Maclib』はまとまった作品にはなっていないと語る

先月、プロデューサーのThelonious Martinがインタビューでその存在に言及して以来、リリースが待ち望まれていた故Mac MillerとMadlibによるコラボプロジェクト『Maclib』。MadlibがDJで同作からの楽曲をプレイしたことから近いうちにリリースされるのではないか、と見込まれていた同作だが、Madlib自身が「Mac Millerとのプロジェクトをリリースする公式の予定はない」と発表した。

Madlibが故Mac Millerとの未発表曲をDJ中にプレイ|コラボアルバム『Maclib』からの楽曲か

昨年9月に急逝し世界中に衝撃を与えたMac Miller。彼とMadlibとのコラボアルバム『Maclib』の存在が噂されている中、Madlibが自身のDJで同作からと見られるMac Millerをフィーチャーした未発表曲をプレイし、話題となっている。

故Mac Millerのアルバム名となった公園が地図アプリで一時的に名前を変更される

昨年の9月に突如として命を落としたMac Miller。彼の1stアルバムである『Blue Slide Park』は出身地ピッツバーグの公園からタイトルをとったものだが、そのBlue Slide Parkの地図アプリに表示される名称が「Mac Miller’s Blue Slide Park」に変更されていたことが明らかとなった。

MOST POPULAR

音楽を聴いて鳥肌が立つのは特殊な脳の構造を持つ人だけが経験できるという研究結果

音楽を聴いて鳥肌が立つ、という体験をしたことがあるだろうか。もしあるならば、あなたはとてもラッキーな経験をしている。

大人になってからの音楽の好みは14歳の時に聴いた音楽で形成されている

私たちの音楽の好みは14歳の時に聴いた音楽によって形成されていると、研究により明らかになった。

Appleの重役がiTunesの音楽ダウンロードが終了することを認める

ついにその日が来てしまうのだろうか。先日発表されたアメリカレコード協会(RIAA)の2017年末の収入報告でもデジタルダウンロードの売り上げが2011年以来6年ぶりにCDやアナログレコードなどの売り上げよりも少なくなったと発表されたが、ちょうどそのタイミングでApple Musicの重役のJimmy Iovineが、iTunesストアの音楽ダウンロードが、終了する見込みであることをBBCの取材に対して認めている。