Fat Joeがハリケーンマリアの犠牲者に対するトランプ大統領の発言を批判

以前より反トランプの立場を取ってきたニューヨーク出身のベテランラッパーFat Joeが、昨年プエルトリコとドミニカを襲ったハリケーンマリアにの死者数についてトランプ大統領が異議を唱えた一件を批判している。

昨年のハリケーンマリアによるプエルトリコの犠牲者は3000人と報告されているが、トランプ大統領は昨日9月13日の朝にTwitterにて「プエルトリコを襲った2つのハリケーンだが、3000人は死んでいない。ハリケーンが直撃した後に私が島を去った時点で、死者は6人から8人程度だった。それから時間が経っても、数はそこまで増えたりはしなかった。しかし、かなり時間が経った後で、3000人もの大きな数字を報告するようになった」とツイート。当然この発言には各所から猛烈な非難の声が集まっており、またハーバード大学の調査ではハリケーンマリアによる2017年の死者数は4645人にものぼるとのデータが発表されている。

ワシントンD.C.のレーガン国際空港にて前述のトランプ大統領の発言について尋ねられたFat Joeは、「あれは酷すぎる。プエルトリコではハリケーンカトリーナ以上の人数が亡くなっているんだ」と答えた。続けて、「あの大統領は間違っている。早く2年が経って奴がここからいなくなるのが待ちきれないよ。あいつは間違っている」と、トランプ大統領を痛烈に批判した。

また彼は「ハリケーンフローレンスはアメリカの本土に上陸するわけだから、違う対応になると思うよ。あの男はプエルトリカンもアメリカ人だってことを知らないんだ」と付け加え、これからサウスカロライナ州と東海岸の一部に上陸すると見込まれているハリケーンフローレンスへのトランプ大統領の対応はプエルトリコに対するそれと異なるものになる、と予想している。

ハリケーンマリアがプエルトリコを襲って以来Tidalのチームと手を組んで援助を行なっていたFat Joeにとって、今回のトランプ大統領の発言は看過しがたい物だったのだろう。

RELATED

Kanye Westがトランプ大統領をホワイトハウスに訪問か

TwitterやInstagramのアカウントを消去し、新作の制作モードへ集中していくとみられていたKanye Westだが、どうやらKanyeのお騒がせ行動は止むことはなさそうだ。

トランプ大統領を標的にしたマイケル・ムーアの最新作『華氏119』の予告編が解禁

ドキュメンタリー映画監督マイケル・ムーアが、アメリカ合衆国第45代大統領 ドナルド・トランプをターゲットにした最新作『華氏119』。11/2(金)にTOHOシネマズ シャンテ他にて全国公開される本作の予告編映像が公開となった。

マイケル・ムーア監督がトランプ大統領に挑む新作『華氏119』が緊急公開決定

ブッシュ政権を猛烈に批判し、全世界2億ドル、日本でも興行収入17億円の問題作にして大ヒット作『華氏911』をはじめ、銃社会アメリカの実態を『ボウリング・フォー・コロンバイン』などで知られるドキュメンタリー監督マイケル・ムーア。

MOST POPULAR

音楽を聴いて鳥肌が立つのは特殊な脳の構造を持つ人だけが経験できるという研究結果

音楽を聴いて鳥肌が立つ、という体験をしたことがあるだろうか。もしあるならば、あなたはとてもラッキーな経験をしている。

大人になってからの音楽の好みは14歳の時に聴いた音楽で形成されている

私たちの音楽の好みは14歳の時に聴いた音楽によって形成されていると、研究により明らかになった。

Appleの重役がiTunesの音楽ダウンロードが終了することを認める

ついにその日が来てしまうのだろうか。先日発表されたアメリカレコード協会(RIAA)の2017年末の収入報告でもデジタルダウンロードの売り上げが2011年以来6年ぶりにCDやアナログレコードなどの売り上げよりも少なくなったと発表されたが、ちょうどそのタイミングでApple Musicの重役のJimmy Iovineが、iTunesストアの音楽ダウンロードが、終了する見込みであることをBBCの取材に対して認めている。