Kanye Westが“I Love It”でDavid Moralesの曲を無許可でサンプリングしたことが明らかに

先日MVがドロップされたKanye WestとLil Pumpによるシングル“I Love It”。ユニークなMVと耳に残るビート、そしてKanyeがアートディレクションを務めたPornhub Awardsで初披露されたということもあり大きな話題を呼んだこの曲が、現在ある問題に直面している。

以前T-Painが“I Love It”は自身のビートにインスパイアされたものだと主張していたことをFNMNLでも伝えたが、今回は伝説的なハウスDJのDavid Moralesが「“I Love It”のベースラインは自分が25年前に作った曲を無許可でサンプリングしたものだ」と主張している。

David MoralesはhiphopnmoreのInstagramアカウントにてkanyeを批判する動画を公開。自身の曲の上で“I Love It”を口ずさんで見せることで、ベースラインが酷似していることを示した。

元ネタと思われる曲はAlexander O’Nealの“What Is This Called Love”のDJ David Moralesによるダブミックスで、一聴すればBPMは異なるものの全く同じフレーズだということが分かる。

ヒップホップにおいて無許可のサンプルを用いたトラックを作り元ネタの作曲者から訴えられるというケースは珍しいものではないが、このような問題が同時に噴出している状況はまずいと言えるだろう。しかし、あのベースラインをサンプリングしLil Pumpに歌わせるKanyeのセンスはやはり流石だ。

RELATED

Kanye Westのエンジニアが「『Yandhi』は女性をエンパワメントするアルバム」と語る

昨年よりリリースが予告されているKanye Westの最新アルバム『Yandhi』。未だにアルバムの詳細は明らかになっていなかったが、Kanyeのエンジニアが同作について興味深いことを語っていたようだ。

Kanye WestとKid Cudiが『KIDS SEE GHOSTS』でのサンプリングが原因で訴えられる

昨年、Kanye WestとKid Cudiの二人によってリリースされたアルバム『KIDS SEE GHOSTS』。高い評価を受けた同作だが、その内の一曲でサンプリングされているフレーズが訴訟の原因となってしまったようだ。

Kanye WestがEMIとの契約で音楽活動からのの引退を禁止されていたことが明らかに

かつての所属レーベルであるEMI相手に訴訟を起こしていることが報じられているKanye West。既に契約を満了しているにも関わらずEMIから作品を発表しなければならない状況に置かれている彼が、かつての同レーベルとの契約によって音楽活動の引退を禁止されていることが明らかになった。

MOST POPULAR

音楽を聴いて鳥肌が立つのは特殊な脳の構造を持つ人だけが経験できるという研究結果

音楽を聴いて鳥肌が立つ、という体験をしたことがあるだろうか。もしあるならば、あなたはとてもラッキーな経験をしている。

大人になってからの音楽の好みは14歳の時に聴いた音楽で形成されている

私たちの音楽の好みは14歳の時に聴いた音楽によって形成されていると、研究により明らかになった。

Appleの重役がiTunesの音楽ダウンロードが終了することを認める

ついにその日が来てしまうのだろうか。先日発表されたアメリカレコード協会(RIAA)の2017年末の収入報告でもデジタルダウンロードの売り上げが2011年以来6年ぶりにCDやアナログレコードなどの売り上げよりも少なくなったと発表されたが、ちょうどそのタイミングでApple Musicの重役のJimmy Iovineが、iTunesストアの音楽ダウンロードが、終了する見込みであることをBBCの取材に対して認めている。