Snoop Doggが音楽を作っている子供たちにアドバイス

言わずと知れたヒップホップレジェンドのSnoop Doggが、子供たちに音楽の極意を教える動画がComplexにて公開されている。

Snoop Doggは、Levi’sとのプロジェクトで地元カリフォルニアのロングビーチにあるYMCA Youth Instituteに通う子供たちに音楽を教えているという。対象となるのは音楽のプログラムを取っている子供たちで、DAWを用いたビートメイキングに取り組んでいる。Snoop Doggのアドバイスは一対一で行われ、子供たちが作ったビートの上でフリースタイルをする場面も見られた。「オールドスクールな。ギャングスタラップのスタイルのビートを作っているんだ」と話している少年は、自身のビートの上でSnoop Doggがラップしていることに強く感動したようだ。

Snoop Doggのアドバイスは多岐に渡っており、動画の冒頭では「音楽を別々に聴け。音楽を作るときは、キーボードを弾いている人、ドラムを叩いている人、歌を歌っている人をそれぞれリスペクトしろ。アウトプットするためには聴いている音楽を言葉で説明出来るようにするんだ。そうすれば、その音楽のフィーリングを手に入れることが出来る」と、音楽の聴き方についてアドバイスしている。「同じことをやっても仕方ないだろ。誰も聴いたことがないような物を作るんだ」と語る彼の熱い気持ちは子供たちにも伝わっている様子だ。

動画ではSnoop Doggが今まで聴いてきた音楽やメンターとなったDr. Dreについても語っており、母親が作ったEarth, Wind & FireやIsley Brothersなどが収録されたカセットを聴いて育ったということも明かした。「俺が子供の頃はテレビに出るのも大変だった。俺が初めてテレビに出た時は家族や近所の全員が見てくれたものさ。今は携帯電話でバカなことをしてるのを撮影すればいいだけだろ」と話し、Drakeの“In My Feelings”から始まったムーブメントを茶化す一幕もあった。

インタビュアーの「子供たちのビートを買う?」という質問に対しては、「いくつかは買うよ。ここから新しいスターが生まれるからな」と答えている。Snoop Doggに認められるようなビートを作った子供たちの中から、次世代のスターが生まれるのだろうか?今ビートを作っているという人は、動画を観てSnoop Doggのアドバイスに耳を傾けると作曲に対するモチベーションになるかもしれない。

RELATED

Snoop Doggが料理本『From Crook to Cook』を出版

言わずと知れたヒップホップ界のレジェンドSnoop Dogg。 最近では世界一巨大な“Gin and Juice”カクテルを作りギネス記録を更新するなど、音楽以外の話題が多いが、今度は自身の料理本を出版することになった。 題名は『From Crook to Cook』で「悪党からコックへ」と...

Snoop Doggが世界一巨大な"Gin and Juice"カクテルを作りギネス記録を更新

Snoop Doggが1993年にリリースしたアルバム『Doggystyle』に収録されているヒット曲といえば"Gin and Juice"だ。94年にシングルカットされた同曲は翌年のグラミー賞のベストソロラップパフォーマンス部門にもノミネートされたが、惜しくも受賞は逃してしまった。しかしそれから23年経って、ある記録が作られた。

Snoop Doggが映画撮影中に小道具のマリファナを本物にすり替えたとマシュー・マコノヒーが明かす

自身でもウェブメディアなどを立ち上げマリファナを啓蒙してきたSnoop Doggだが、どんなチャンスでも逃さないようだ。

MOST POPULAR

音楽を聴いて鳥肌が立つのは特殊な脳の構造を持つ人だけが経験できるという研究結果

音楽を聴いて鳥肌が立つ、という体験をしたことがあるだろうか。もしあるならば、あなたはとてもラッキーな経験をしている。

大人になってからの音楽の好みは14歳の時に聴いた音楽で形成されている

私たちの音楽の好みは14歳の時に聴いた音楽によって形成されていると、研究により明らかになった。

Appleの重役がiTunesの音楽ダウンロードが終了することを認める

ついにその日が来てしまうのだろうか。先日発表されたアメリカレコード協会(RIAA)の2017年末の収入報告でもデジタルダウンロードの売り上げが2011年以来6年ぶりにCDやアナログレコードなどの売り上げよりも少なくなったと発表されたが、ちょうどそのタイミングでApple Musicの重役のJimmy Iovineが、iTunesストアの音楽ダウンロードが、終了する見込みであることをBBCの取材に対して認めている。