Kanye Westの娘NorthちゃんがDrakeの“In My Feelings”を歌う

ダンスチャレンジの流行によって今年を代表するヒット曲となったDrakeの“In My Feelings”。いまやアメリカに住んでいる人なら誰もが一度は耳にしたことがあるであろうこの曲を、Kanye Westの愛娘であるNorthちゃんが歌っている動画がInstagramに投稿された。

Kanye Westさん(@kanyewest)がシェアした投稿 -

可愛らしいボーカルを披露するNorthちゃんの動画は大きな反響を得ており、「とっても可愛いわ!」「俺が歌うより上手い」など好意的なコメントが寄せられている。

DrakeはPusha TとのビーフがきっかけでKanyeに対して激しく敵意を燃やしており、Kanyeからの謝罪はあったもののそれを受け入れず、French Montanaをフィーチャリングした未発表のディス曲を用意しているという。

二人の問題は解決しないままだが、そんな事情を抜きにしてもNorthちゃんがDrakeの曲を歌うさまは愛らしいものである。この動画を観たDrakeはどのような感情を抱くのだろうか?

RELATED

Kanye Westの19歳の大ファンが今まで収集してきたKanyeのグッズを販売するポップアップショップを開催

先日、ニューアルバム『YANDHI』のリリースを告知したKanye West。

Kanye Westがフォロワー数を非表示にすることをTwitterのCEOに提案

常に脳内でアイデアが迸っていることでお馴染みのKanye West。そんな彼が、今回は大好きなTwitterのUIについて意見を提供している。

Kanye Westと『Good Ass Job』を巡る15年の歴史

先日リリースが予告されたKanye WestとChance The Rapperによるコラボアルバム『Good Ass Job』。それと前後してアナウンスされたKanye自身のソロアルバム『Yandhi』も注目の的となっているが、古くからのKanyeファンにとっては『Good Ass Job』というタイトルに決まったことが特に話題となっている。そんな状況を受けて、DJBOOTHにてKanyeと『Good Ass Job』を巡る歴史を紹介した記事が公開されている。

MOST POPULAR

音楽を聴いて鳥肌が立つのは特殊な脳の構造を持つ人だけが経験できるという研究結果

音楽を聴いて鳥肌が立つ、という体験をしたことがあるだろうか。もしあるならば、あなたはとてもラッキーな経験をしている。

大人になってからの音楽の好みは14歳の時に聴いた音楽で形成されている

私たちの音楽の好みは14歳の時に聴いた音楽によって形成されていると、研究により明らかになった。

Appleの重役がiTunesの音楽ダウンロードが終了することを認める

ついにその日が来てしまうのだろうか。先日発表されたアメリカレコード協会(RIAA)の2017年末の収入報告でもデジタルダウンロードの売り上げが2011年以来6年ぶりにCDやアナログレコードなどの売り上げよりも少なくなったと発表されたが、ちょうどそのタイミングでApple Musicの重役のJimmy Iovineが、iTunesストアの音楽ダウンロードが、終了する見込みであることをBBCの取材に対して認めている。