今週デビューアルバム『Room 25』をリリースするNonameが、同作をレーベルと契約せず全て自分で出資したと明かす

昨年には来日公演を行い、今週末に待望のデビューアルバム『Room 25』をリリースするNoname。そんな彼女が、アルバムをレーベルの手を介さず全て自分の手で完成させたことを明かしている。

Faderのインタビュー記事に登場したNonameは、『Room 25』を制作するプロセスについて説明をしている。レーベルと契約せず自主で完成させた同作は彼女によると「ヤバいくらいお金がかかった」のだという。彼女は「誰かが編曲をしないといけないから人が必要で、12人のデカいオーケストラを雇った。アルバムの全部に、自分でお金を払ったんだよ。“こんな小さな物にこれだけのお金をはらわなきゃいけないの?”って感じだった」と語り、大作でなくても自主で作るにはかなりの大金を必要とする苦労を語った。

レーベルと契約をしなかった理由については「私はコントロールフリークじゃないんだけど、経済的なことについて誰かに聞きたくなかった。誰かが私のアイデアに賛成してくれるまで待ちたくなかったんだよね。もし私がアルバムを作りたくて、オーケストラを使いたくてもそれを誰かに説明しなきゃいけないでしょ。私のクリエイティビティにゴーサインを出す誰かを待ちたくなかった」とのこと。NonameはChance The Rapperとの共演でも知られているが、彼と同じくレーベルのしがらみに囚われたくないというインデペンデントな姿勢で活動していることが分かる。

近年は大手レーベルの手を借りないDIY精神を持ったアーティストが増えているが、金銭的な苦労はあっても自らの表現に歯止めを掛けたくないという考え方が広がりつつあるようだ。そのような手法で作られたNonameの期待のデビューアルバム『Room 25』はどのような作品に仕上がっているのだろうか?

ROOM 25 - SEPT 14

Nonameさん(@nonamehiding)がシェアした投稿 -

RELATED

Nonameが今週デビューアルバム『Room 25』をリリースへ

シカゴ出身のシンガー・ラッパーで、昨年は来日公演も行ったNonameが、デビューアルバム『Room 25』をリリースするとアナウンスした。

『WWW & WWW X Anniversaries』でNoname待望の初来日、cero × DC/PRGなど4公演が発表

東京・渋谷のライブスペースWWWが7周年、そして2号店のWWW Xがオープン1周年を迎えるにあたり、超豪華な4つの記念公演が発表された。

Chance The Rapper、Nonameに影響を与えたシカゴの詩人Brother Mikeとは

Chance The RapperやNonameは10代の頃に、シカゴの青少年交流プログラムの『YOUmedia』でラップや作詞のスキルを学んだと、歌詞解説サイトのGeniusが指摘している。

MOST POPULAR

音楽を聴いて鳥肌が立つのは特殊な脳の構造を持つ人だけが経験できるという研究結果

音楽を聴いて鳥肌が立つ、という体験をしたことがあるだろうか。もしあるならば、あなたはとてもラッキーな経験をしている。

大人になってからの音楽の好みは14歳の時に聴いた音楽で形成されている

私たちの音楽の好みは14歳の時に聴いた音楽によって形成されていると、研究により明らかになった。

Appleの重役がiTunesの音楽ダウンロードが終了することを認める

ついにその日が来てしまうのだろうか。先日発表されたアメリカレコード協会(RIAA)の2017年末の収入報告でもデジタルダウンロードの売り上げが2011年以来6年ぶりにCDやアナログレコードなどの売り上げよりも少なくなったと発表されたが、ちょうどそのタイミングでApple Musicの重役のJimmy Iovineが、iTunesストアの音楽ダウンロードが、終了する見込みであることをBBCの取材に対して認めている。