ベストサマーチューン 2018 Selected by 嫁入りランド

FNMNLの夏の恒例企画『ベストサマーチューン』。アーティストやブランドデザイナー、ショップオーナーなどの方々が、思い思いの2018年の夏の1曲をピックアップ。暑すぎる今年の夏のお供に選ばれるのは、一体どんな楽曲たち?

ラップ、ラジオドラマ、デコレーションなどを行い、韓国のブランドHALOMINIUMとのコラボTシャツをリリースしたばかりの嫁入りランドのこの夏の1曲。

ゆか

Pam Hall - "Dear Boopsie"

コメント

最高気温32度のロンドンに住んで2ヶ月、語学の勉強で頭いっぱいで、フラットメイトが教えてくれる新譜でなんとか助かってる毎日です。
夏の夜風に当たってるアイス食べながら歩いたり、ぶらっと缶ビール飲みながら歩いてこれ聴いたら最高だろうなと思い選びました。
ロンドンは、夜は寒く長袖が必要なので、家で長い長い夕方を見届けながら聴いてます。

めいちゅん

Los Siquicos Litoraleños  - "Medianos Éxitos Subtropicales Vol. 1"

コメント

イタリアのDIYカセットレーベルArtetetraからリリースされた、アルゼンチンのバンドLos Siquicos Litoraleñosの珍チャマメ・ダブ・サイケ(?)。
どこかの地元の夏祭りのカラオケ大会に来ちゃったみたいなハートウォーミングさ且つ謎の親しみを感じます。歌詞のある曲は何を歌っているのか気になります...

みゆとと

Mogwaa - "07307"

コメント

今年の夏、何がありましたかな…
いけてるダンスミュージックとかだいたい全部かっこよく聴こえて完全に食傷気味だし、
最新ヒップホップも何だこれヤバと思っても次の瞬間には忘れるというこの有様。

そんな感じで今年唯一参加した夏フェス、a-nationがめちゃくちゃ楽しかったです。
浜崎あゆみ、TRF、倖田來未、三浦大知…この日出演したアーティスト全員好きになりました。
彼らのパフォーマンスを見ているとだんだん「あれ、この人は私に対して歌っているのでは…?」と、錯覚した気持ちになるのが何とも不思議で。
あの規模にありながらそう思わせるって一体どういうことなんでしょう、そう思わせる力があるからあの規模になるのか、なんなのか。
DJ KOOが「平成最後のa-nation!!!」と煽った瞬間は、染み入りました。

あとは基本酷暑すぎて、正直に言うとkali Uchis 『Isolation』かThe Internet 『Hive Mind』くらいしか記憶なし。
これは「ざるか、せいろか」と同じ理屈です。これ位サラっとしたやつしか入らなかった。
とはいえこの2枚はホテルでゆるっと聴いたり踊ったりするのにいい感じでした。
あーこのままSpotifyの奴隷となっていくのだな~~…という気分とはまた今度向き合いたい。

そんなわけで今年の夏はソウルのアーティストMogwaaのカセットが良かったです。
今年はソウルに何度か行く機会があり、クラブも毎回どこかしら足を運ぶのですが、
何だかよくわからないが毎回楽しくなってしまい、いまの東京に無いエナジーを噛み締めながら踊っています。

パーティで知り合うアーティスト達の外に放出されるエナジーばかりに目がいっていたので、
Mogwaaのこのカセットを聴いた時に他とは何かが違うような雰囲気を感じました。
ローファイシンセな80sブギーでアンビエント…といってしまえば簡単に聞こえてしまいますが、そんな中でも内に向かっていくエナジーというか。音楽でやりたいことがある人の音楽だな、と思います。
冒頭に話が戻りますがa-nationのあゆの鬼気迫るパフォーマンスにもそれを感じました。
Mogwaa、今後のリリースも楽しみです。

あ!そんなことを思っていたらちょうど2日前にKlasseからリリースが。
同じ質感でレゲエでした、いい感じ。

告知

HALOMINIUMと一緒につくったTシャツがリリースされました!!!!!!!
在庫も夏も残りわずか。急げッ!!!
http://yomeiriland.thebase.in/items/12089796

嫁入りランド

ラップ、ラジオドラマ、デコレーション、、温泉、恋、仕事、家族サービス、勉強、梅宮、、アンナ事こんな事…?!?!?!?!?!
http://ameblo.jp/yomeiriland/
http://yomeiriland.bandcamp.com/
https://soundcloud.com/yomeiriland

RELATED

ベストサマーチューン 2018 Selected by LIL MOFO

FNMNLの夏の恒例企画『ベストサマーチューン』。アーティストやブランドデザイナー、ショップオーナーなどの方々が、思い思いの2018年の夏の1曲をピックアップ。暑すぎる今年の夏のお供に選ばれるのは、一体どんな楽曲たち?

ベストサマーチューン 2018 Selected by Stupid Kozo

FNMNLの夏の恒例企画『ベストサマーチューン』。アーティストやブランドデザイナー、ショップオーナーなどの方々が、思い思いの2018年の夏の1曲をピックアップ。暑すぎる今年の夏のお供に選ばれるのは、一体どんな楽曲たち?

ベストサマーチューン 2018 Selected by KHO aka SlyAngle

FNMNLの夏の恒例企画『ベストサマーチューン』。アーティストやブランドデザイナー、ショップオーナーなどの方々が、思い思いの2018年の夏の1曲をピックアップ。暑すぎる今年の夏のお供に選ばれるのは、一体どんな楽曲たち?

MOST POPULAR

【Interview】UKの鬼才The Bugが「俺の感情のピース」と語る新プロジェクト「Sirens」とは

The Bugとして知られるイギリス人アーティストKevin Martinは、これまで主にGod, Techno Animal, The Bug, King Midas Soundとして活動し、変化しながらも、他の誰にも真似できない自らの音楽を貫いてきた、UK及びヨーロッパの音楽界の重要人物である。彼が今回新プロジェクトのSirensという名のショーケースをスタートさせた。彼が「感情のピース」と表現するSirensはどういった音楽なのか、ロンドンでのライブの前日に話を聞いてみた。

【コラム】Childish Gambino - "This Is America" | アメリカからは逃げられない

Childish Gambinoの新曲"This is America"が、大きな話題になっている。『Atlanta』やこれまでもChildish Gambinoのミュージックビデオを多く手がけてきたヒロ・ムライが制作した、同曲のミュージックビデオは公開から3日ですでに3000万回再生を突破している。

Floating Pointsが選ぶ日本産のベストレコードと日本のベストレコード・ショップ

Floating Pointsは昨年11月にリリースした待望のデビュー・アルバム『Elaenia』を引っ提げたワールドツアーを敢行中だ。日本でも10/7の渋谷WWW Xと翌日の朝霧JAMで、評判の高いバンドでのライブセットを披露した。