Kanye Westが美大で講義を受け持つと述べるも大学側は困惑

自身の関わっていた5作品のリリース後も、精力的に活動を続けるKanye West。つい先日はJay-Zとのコラボ作の続編『Watch The Throne 2』をリリースするとぶち上げたが、次なる野望は美大で講義を受け持つことのようだ。

KanyeはTwitterで、シカゴ美術館付属大学と、同じくシカゴにあるAmerican Academy of Artで講義をする予定だとTwitter上で発表した。

しかしThe Faderによれば、2つの大学ともにKanyeの申し出はとても喜ばしいことだが、現在のところKanyeが講義を受け持つ予定はないと同じ回答をしている。シカゴ美術館付属大学は、「我々はKanyeが次世代のアーティストやデザイナーに対して授業をするのに興味を持っていることを喜んでいる。しかしKanyeは今現在は講義を受け持っていないし、その予定もない」とFaderに声明を出している。

自身は『College Dropout』をしてしまったKanyeが、大学での講義を受け持つことは夢のある話だろう。しかし今回はさすがに先走りすぎてしまったようだ。

RELATED

Kanye Westの19歳の大ファンが今まで収集してきたKanyeのグッズを販売するポップアップショップを開催

先日、ニューアルバム『YANDHI』のリリースを告知したKanye West。

Kanye Westがフォロワー数を非表示にすることをTwitterのCEOに提案

常に脳内でアイデアが迸っていることでお馴染みのKanye West。そんな彼が、今回は大好きなTwitterのUIについて意見を提供している。

Kanye Westと『Good Ass Job』を巡る15年の歴史

先日リリースが予告されたKanye WestとChance The Rapperによるコラボアルバム『Good Ass Job』。それと前後してアナウンスされたKanye自身のソロアルバム『Yandhi』も注目の的となっているが、古くからのKanyeファンにとっては『Good Ass Job』というタイトルに決まったことが特に話題となっている。そんな状況を受けて、DJBOOTHにてKanyeと『Good Ass Job』を巡る歴史を紹介した記事が公開されている。

MOST POPULAR

音楽を聴いて鳥肌が立つのは特殊な脳の構造を持つ人だけが経験できるという研究結果

音楽を聴いて鳥肌が立つ、という体験をしたことがあるだろうか。もしあるならば、あなたはとてもラッキーな経験をしている。

大人になってからの音楽の好みは14歳の時に聴いた音楽で形成されている

私たちの音楽の好みは14歳の時に聴いた音楽によって形成されていると、研究により明らかになった。

Appleの重役がiTunesの音楽ダウンロードが終了することを認める

ついにその日が来てしまうのだろうか。先日発表されたアメリカレコード協会(RIAA)の2017年末の収入報告でもデジタルダウンロードの売り上げが2011年以来6年ぶりにCDやアナログレコードなどの売り上げよりも少なくなったと発表されたが、ちょうどそのタイミングでApple Musicの重役のJimmy Iovineが、iTunesストアの音楽ダウンロードが、終了する見込みであることをBBCの取材に対して認めている。