Nonameが今週デビューアルバム『Room 25』をリリースへ

シカゴ出身のシンガー・ラッパーで、昨年は来日公演も行ったNonameが、デビューアルバム『Room 25』をリリースするとアナウンスした。

ROOM 25 - SEPT 14

Nonameさん(@nonamehiding)がシェアした投稿 -

InstagramやTwitterでリリースのアナウンスをしたNonameは同時に、ジャケット画像も公開している。NonameはChance The Rapperなどへの作品に参加後、2016年にデビューミックステープ『Telefone』をフリーダウンロードでリリース。ゴスペルやソウルなどに影響を受けた柔らかくも切実なサウンドが大きな話題となった。『Telefone』以来2年ぶりとなる『Room 25』は、どんな新しいNonameの姿を刻むものとなっているだろうか。

RELATED

今週デビューアルバム『Room 25』をリリースするNonameが、同作をレーベルと契約せず全て自分で出資したと明かす

昨年には来日公演を行い、今週末に待望のデビューアルバム『Room 25』をリリースするNoname。そんな彼女が、アルバムをレーベルの手を介さず全て自分の手で完成させたことを明かしている。

『WWW & WWW X Anniversaries』でNoname待望の初来日、cero × DC/PRGなど4公演が発表

東京・渋谷のライブスペースWWWが7周年、そして2号店のWWW Xがオープン1周年を迎えるにあたり、超豪華な4つの記念公演が発表された。

Chance The Rapper、Nonameに影響を与えたシカゴの詩人Brother Mikeとは

Chance The RapperやNonameは10代の頃に、シカゴの青少年交流プログラムの『YOUmedia』でラップや作詞のスキルを学んだと、歌詞解説サイトのGeniusが指摘している。

MOST POPULAR

音楽を聴いて鳥肌が立つのは特殊な脳の構造を持つ人だけが経験できるという研究結果

音楽を聴いて鳥肌が立つ、という体験をしたことがあるだろうか。もしあるならば、あなたはとてもラッキーな経験をしている。

大人になってからの音楽の好みは14歳の時に聴いた音楽で形成されている

私たちの音楽の好みは14歳の時に聴いた音楽によって形成されていると、研究により明らかになった。

Appleの重役がiTunesの音楽ダウンロードが終了することを認める

ついにその日が来てしまうのだろうか。先日発表されたアメリカレコード協会(RIAA)の2017年末の収入報告でもデジタルダウンロードの売り上げが2011年以来6年ぶりにCDやアナログレコードなどの売り上げよりも少なくなったと発表されたが、ちょうどそのタイミングでApple Musicの重役のJimmy Iovineが、iTunesストアの音楽ダウンロードが、終了する見込みであることをBBCの取材に対して認めている。