OffsetがKanye WestではなくKim Kardashianを大統領に推薦

かねてからアメリカ大統領になるという野望を抱き続けているKanye West。2024年の大統領選に新党「The Birthday Party」として立候補するプランを立てているというKanyeだが、彼ではなくその妻のKim Kardashianを次期大統領に推薦する声が上がっている。そう主張しているのは、なんとMigosのOffsetだ。

Kim Kardashianは薬物によって逮捕されたAlice Marie JohnsonやChris Youngといった人物の釈放を訴えトランプ大統領と交渉するなど、過去に政治的な活動も行なってきた。それらを評価しているというOffsetは、TMZの取材に対しKim Kardashianを次期大統領にすべきだと主張している。

「Kimを大統領に。彼女は大統領になる資格がある。他の大統領は彼女のようなことをしてこなかった。彼女は黒人を助けてくれるだろうし、大統領になるべきだって一万回でも言ってやるよ」と語るOffsetの口ぶりからは、本気で彼女が大統領になったら良いと信じていることが分かる。

確かにKim Kardashianの活動は評価に値するかもしれないが、もしも彼女が大統領になればリアリティ番組出身のスターが大統領になるという前代未聞の事態が起こることになる。Kanye Westは妻を大統領に推す声についてどう考えているのだろうか?

RELATED

Kanye Westの19歳の大ファンが今まで収集してきたKanyeのグッズを販売するポップアップショップを開催

先日、ニューアルバム『YANDHI』のリリースを告知したKanye West。

Kanye Westがフォロワー数を非表示にすることをTwitterのCEOに提案

常に脳内でアイデアが迸っていることでお馴染みのKanye West。そんな彼が、今回は大好きなTwitterのUIについて意見を提供している。

Kanye Westと『Good Ass Job』を巡る15年の歴史

先日リリースが予告されたKanye WestとChance The Rapperによるコラボアルバム『Good Ass Job』。それと前後してアナウンスされたKanye自身のソロアルバム『Yandhi』も注目の的となっているが、古くからのKanyeファンにとっては『Good Ass Job』というタイトルに決まったことが特に話題となっている。そんな状況を受けて、DJBOOTHにてKanyeと『Good Ass Job』を巡る歴史を紹介した記事が公開されている。

MOST POPULAR

音楽を聴いて鳥肌が立つのは特殊な脳の構造を持つ人だけが経験できるという研究結果

音楽を聴いて鳥肌が立つ、という体験をしたことがあるだろうか。もしあるならば、あなたはとてもラッキーな経験をしている。

大人になってからの音楽の好みは14歳の時に聴いた音楽で形成されている

私たちの音楽の好みは14歳の時に聴いた音楽によって形成されていると、研究により明らかになった。

Appleの重役がiTunesの音楽ダウンロードが終了することを認める

ついにその日が来てしまうのだろうか。先日発表されたアメリカレコード協会(RIAA)の2017年末の収入報告でもデジタルダウンロードの売り上げが2011年以来6年ぶりにCDやアナログレコードなどの売り上げよりも少なくなったと発表されたが、ちょうどそのタイミングでApple Musicの重役のJimmy Iovineが、iTunesストアの音楽ダウンロードが、終了する見込みであることをBBCの取材に対して認めている。