Kanye WestがJay-Zとのコラボ作『Watch the Throne 2』のリリースをアナウンス

複雑な関係が長きに渡って続いているKanye WestとJay-Z。最近は良好なものになっていると思われる2人のコラボ作『Watch the Throne 2』が、近日リリースされるとKanye Westが明かした。

2011年にリリースされた『Watch the Throne』からは"Nixxas In Paris"や、"Otis"などのヒット曲をが生まれており、大きな話題となった。しかしKanyeは精神的な不調を抱え、Jay-Zとの関係も悪かった際のライブで、『Watch the Throne 2』は絶対にないとも語っていた。

関係悪化を乗り越えて、作られた『Watch the Throne 2』は果たしてどのような作品になっているだろうか。

RELATED

Chuck DがKanye Westに対し「お前は6ix9ineとつるむには歳をとりすぎている」と諌める

Kanye Westと6ix9ine、そしてNicki Minajの三人は以前よりコラボ曲を作っていることが伝えられており、MVをビバリーヒルズにて撮影していた。そんな中、先週木曜日にKanyeら三人が撮影を行なっていた家の付近で彼らを狙ったと見られる銃撃事件が発生。それを受けて、Public EnemyのリーダーChuck Dがコメントを発表している。

AdidasのCEOが「Yeezyの売上が落ちているなんてことはない」と語る

日本でも人気の高いKanyeとAdidasのコラボラインYeezy。 今季もその人気は継続するものと見られていたが、Kanyeのトランプ支持表明などの一連の暴走により、多くのショップがYeezyの売上が落ちるのではないかと推測していた。

Kanye Westのアルバム『Ye』の内容がまたもや更新される

2016年のアルバム『The Life Of Pablo』以来、一度リリースしたアルバムの内容をアップデートするという手法をポピュラーにしたKanye West。ストリーミング時代だからこそ可能なリリース後の更新はたびたび議論の対象となってきたが、今回Kanyeが6月に発表した『Ye』の内容がまたも変更されたことが分かった。

MOST POPULAR

音楽を聴いて鳥肌が立つのは特殊な脳の構造を持つ人だけが経験できるという研究結果

音楽を聴いて鳥肌が立つ、という体験をしたことがあるだろうか。もしあるならば、あなたはとてもラッキーな経験をしている。

大人になってからの音楽の好みは14歳の時に聴いた音楽で形成されている

私たちの音楽の好みは14歳の時に聴いた音楽によって形成されていると、研究により明らかになった。

Appleの重役がiTunesの音楽ダウンロードが終了することを認める

ついにその日が来てしまうのだろうか。先日発表されたアメリカレコード協会(RIAA)の2017年末の収入報告でもデジタルダウンロードの売り上げが2011年以来6年ぶりにCDやアナログレコードなどの売り上げよりも少なくなったと発表されたが、ちょうどそのタイミングでApple Musicの重役のJimmy Iovineが、iTunesストアの音楽ダウンロードが、終了する見込みであることをBBCの取材に対して認めている。