Mac Millerが26歳で死去 | 薬物のオーバードーズか

今年リリースしたアルバム『Swimming』も話題となっていたラッパーのMac MillerことMalcolm James McCormickが死去したとTMZなど海外メディアが伝えている。まだ26歳の若さだった。

Mac Millerは現地時間の金曜日の正午頃、LAのサンフェルナンド・バレーの自宅で亡くなっているのが発見されたとTMZは伝えており、薬物によるオーバードーズが死因とみられている。

ABCローカルニュースによれば、警察は現在詳しい死因などを捜査中で、友人が倒れて意識をなくした状態の彼を発見し、911に通報したという。

家族はRolling Stoneに対して声明を発表し、死を認めている。さらに「彼は家族や、ファンにとって世界の明るい光だった、祈ってくれている皆さん本当にありがとう、私たちのプライバシーをお願いだから尊重してください。現時点では彼の死因の詳細はわかっていない」としている。

新たな音楽性を開拓しつつあった、才能あふれるアーティストの死は世界にとってとても大きな損失であるのは間違いない。

RELATED

ScHoolboy QがMac Millerの死を受けてアルバムの制作を一時的に中止

今年中にニューアルバムをリリースすると噂されているScHoolboy Qが、友人のMac Millerの死を受けてアルバムの制作を一時的に中止することを発表した。

Fiona AppleがMac Millerと「一緒に曲を作りたかった」と追悼

先週26歳にして突然の死が伝えられ、ヒップホップシーンのみならず世界的に大きな衝撃を与えたMac Miller。すでに多くのアーティストからの追悼が寄せられているが、90年代より活動するオルタナティブロックを代表するシンガーの一人であるFiona AppleがMac Millerへの追悼を捧げている。

Vince Staplesが「自分の音楽はMac Miller無しには有り得なかった」と話す

愛される人柄で知られていたMac Miller、多くのアーティストが追悼のコメントを発表しているが個性派Vince Staplesがコメントを発表した。

MOST POPULAR

音楽を聴いて鳥肌が立つのは特殊な脳の構造を持つ人だけが経験できるという研究結果

音楽を聴いて鳥肌が立つ、という体験をしたことがあるだろうか。もしあるならば、あなたはとてもラッキーな経験をしている。

大人になってからの音楽の好みは14歳の時に聴いた音楽で形成されている

私たちの音楽の好みは14歳の時に聴いた音楽によって形成されていると、研究により明らかになった。

Appleの重役がiTunesの音楽ダウンロードが終了することを認める

ついにその日が来てしまうのだろうか。先日発表されたアメリカレコード協会(RIAA)の2017年末の収入報告でもデジタルダウンロードの売り上げが2011年以来6年ぶりにCDやアナログレコードなどの売り上げよりも少なくなったと発表されたが、ちょうどそのタイミングでApple Musicの重役のJimmy Iovineが、iTunesストアの音楽ダウンロードが、終了する見込みであることをBBCの取材に対して認めている。