小学生ラッパー太郎忍者の楽曲"Pussy"が大きな話題に

福岡のラップグループNokey BoyzのメンバーDirty Lotusの弟で、小学生ラッパーの太郎忍者がSoundCloudで公開した楽曲"Pussy"が大きな話題になっている。

"Pussy"は、その言葉の意味を先日知ったばかりという太郎忍者が、イジメっ子や卑怯者などに対して「お前Pussyじゃん」と中毒性のあるフロウで言い放つ楽曲。すでにSoundCloudでも2万回再生を超えていてバズを起こしている。夏の終わりにリリースされたこの楽曲はどこまで勢いを伸ばしていくだろうか。

RELATED

MOST POPULAR

音楽を聴いて鳥肌が立つのは特殊な脳の構造を持つ人だけが経験できるという研究結果

音楽を聴いて鳥肌が立つ、という体験をしたことがあるだろうか。もしあるならば、あなたはとてもラッキーな経験をしている。

大人になってからの音楽の好みは14歳の時に聴いた音楽で形成されている

私たちの音楽の好みは14歳の時に聴いた音楽によって形成されていると、研究により明らかになった。

Appleの重役がiTunesの音楽ダウンロードが終了することを認める

ついにその日が来てしまうのだろうか。先日発表されたアメリカレコード協会(RIAA)の2017年末の収入報告でもデジタルダウンロードの売り上げが2011年以来6年ぶりにCDやアナログレコードなどの売り上げよりも少なくなったと発表されたが、ちょうどそのタイミングでApple Musicの重役のJimmy Iovineが、iTunesストアの音楽ダウンロードが、終了する見込みであることをBBCの取材に対して認めている。