LeBron JamesがApple Musicで女性アーティストの楽曲を収録したプレイリスト『The Strongest』を公開

NBAのトップスターで無類のヒップホップ好きとしても知られているLeBron Jamesが、Apple Musicにて女性のためのプレイリスト『The Strongest』を作成した。

プレイリストにはLauryn HillやBeyonce、Cardi BやSolangeといった「強い女性」と聞いて真っ先にイメージされるようなアーティストから、Tierra Whack、Jamila Woods、Ella Maiなど幅広い女性アーティストの楽曲が収録されている。

LeBronはプレイリストの公開に際し「俺はアフリカ系アメリカ人の女性がこの世で最も強い人たちだと信じている」と語り、「俺は驚くほど強い女性たちの周りで育って、俺の母親や妻、娘たちの強さを目にしてインスパイアされてきたんだ」と、自身の身の回りの女性たちをイメージしてプレイリストを組んだことを明かしている。

プレイリストはApple Musicに登録していれば誰でも聞くことが可能だ。男性も女性も、LeBronのプレイリストを聴いて女性たちの強さを再確認してみては?

 

RELATED

レブロン・ジェームズの「キングオブニューヨーク」発言にJay-Zはジョークで回答

3度のNBAチャンピオン、同じく3度のNBAファイナルMVP、4度のシーズンMVPなど「キング」ことレブロン・ジェームズ(キャバリアーズ所属)であるが、11月13日のクリーブランド・キャバリアーズvsニューヨーク・ニックスの試合を巡って彼を中心にヒップホップ界隈をも巻き込む様々な動きがあった。 ...

Tee Grizzleyの"First Day Out"がNBAのスーパースター選手レブロン・ジェームズ効果で売り上げが3倍に

FNMNLでも注目のデトロイトの新鋭ラッパーTee Grizzley。彼が注目されるきっかけとなった楽曲が、刑務所から出所した日にリリックを書いた"First Day Out"だ。

MOST POPULAR

音楽を聴いて鳥肌が立つのは特殊な脳の構造を持つ人だけが経験できるという研究結果

音楽を聴いて鳥肌が立つ、という体験をしたことがあるだろうか。もしあるならば、あなたはとてもラッキーな経験をしている。

大人になってからの音楽の好みは14歳の時に聴いた音楽で形成されている

私たちの音楽の好みは14歳の時に聴いた音楽によって形成されていると、研究により明らかになった。

Appleの重役がiTunesの音楽ダウンロードが終了することを認める

ついにその日が来てしまうのだろうか。先日発表されたアメリカレコード協会(RIAA)の2017年末の収入報告でもデジタルダウンロードの売り上げが2011年以来6年ぶりにCDやアナログレコードなどの売り上げよりも少なくなったと発表されたが、ちょうどそのタイミングでApple Musicの重役のJimmy Iovineが、iTunesストアの音楽ダウンロードが、終了する見込みであることをBBCの取材に対して認めている。