Drakeが1年間での1位獲得回数記録で最多のUsherと並ぶ|全米チャート1位は32週間連続でラップが独占

6月末にリリースしたアルバム『Scorpion』で次々とストリーミングの世界記録を塗り替えたDrake。新たに、1年間でBillboard HOT100(アルバムチャート)のチャート1位になった回数の記録でUsherと並び、ソロ男性アーティストの最多記録タイ1位となった。

1年間の間にBillboard HOT100のチャート1位になった回数の最多記録は、1位が2004年のUsherによる28週という記録であり、2位はThe Black Eyed Peasの26週という記録。Drakeは8月中にThe Black Eyed Peasの記録を超え、今週ついに最多記録であるUsherと並んだ。この勢いが続けば、年内にUsherの記録も超すことが予想される。

Drakeのこれまでのキャリアで、Billboard HOT100のチャート1位になった週の合計は47週。歴代1位の記録がマライア・キャリーの合計79週。2位がRihannaの60週であり、それに続くのがThe Beatlesの59週という記録。

アルバム『Scorpion』に収録されている楽曲”In My Feelings”が、チャート1位に輝いてから現在8週連続でトップを維持している。7月28日の週では”In My Feelings”は1週間で1億1620万ストリーミング再生され、1週間でのシングルストリーミング再生数の新記録も打ち立てている。

数々の世界記録を塗り替えているDrakeもすごいが、チャートを見ているだけで今年はヒップホップが圧倒的に強い年であることがわかる。報道によると、現在Billboard HOT100チャートの1位を32週間連続でラップが独占。Drakeの”In My Feelings”や、”Nice For What"、 "God's Plan"などの楽曲の他にも、今年はChildish Gambinoの "This Is America"や、Post Maloneの"Psycho"、XXXTentacionの"Sad!"とCardi Bの "I Like It”がチャート1位に輝いた。

Drakeのこの勢いがいつまで続くのか。そしてDrakeが落ち着いた後の、次の1位になる楽曲もラップなのか、この記録が伸び続けるかどうか注目である。

RELATED

Pusha Tのライブ中スクリーンに“F**k Drake”の文字が表示されるも本人は関与を否定

ヒップホップシーンにおいて今年の上半期最大の話題になったと言っても過言ではないPusha TとDrakeのビーフ。Pusha Tによる強烈なディス曲“The Story of Adidon”に対するDrakeの返答が無いままビーフは終結したが、半年が経過した現在もその余波は残っているようだ。

Travis ScottのA&Rが「"SICKO MODE"のDrakeのヴァースは『Astroworld』がリリースされる当日に完成した」と明かす

今年を代表するアルバムの一つとなったTravis Scottの『ASTROWORLD』。その中でもDrakeをフィーチャーした“SICKO MODE”は非常に人気が高い一曲だが、Drakeが同曲を制作した時の興味深いエピソードがTravis ScottのA&Rを務めるSickamoreによって明かされた。

Too $hortがDrakeを「音楽家としてビートルズやマイケル・ジャクソンと肩を並べた」と評価

先日、一年の間で全米チャートトップ10に楽曲をランクインさせた数でThe Beatlesの記録を更新したDrake。今年リリースされた『Scorpion』でストリーミングにおける記録の数々を打ち立てて名実ともに歴史的なヒットメーカーとなった彼を、80年代より活動してきた西海岸のレジェンドであるToo $hortが評価している。

MOST POPULAR

音楽を聴いて鳥肌が立つのは特殊な脳の構造を持つ人だけが経験できるという研究結果

音楽を聴いて鳥肌が立つ、という体験をしたことがあるだろうか。もしあるならば、あなたはとてもラッキーな経験をしている。

大人になってからの音楽の好みは14歳の時に聴いた音楽で形成されている

私たちの音楽の好みは14歳の時に聴いた音楽によって形成されていると、研究により明らかになった。

Appleの重役がiTunesの音楽ダウンロードが終了することを認める

ついにその日が来てしまうのだろうか。先日発表されたアメリカレコード協会(RIAA)の2017年末の収入報告でもデジタルダウンロードの売り上げが2011年以来6年ぶりにCDやアナログレコードなどの売り上げよりも少なくなったと発表されたが、ちょうどそのタイミングでApple Musicの重役のJimmy Iovineが、iTunesストアの音楽ダウンロードが、終了する見込みであることをBBCの取材に対して認めている。