Yoshinori Hayashiがヨーロッパ&アジアツアーをスタート

昨年のBoiler Room、今年のRainbow Disco Clubへの出演やWWW βでのオープン トゥ ラストの開催など、精力的に活動するYoshinori Hayashi。Disco HalalからのEPリリースも行う彼が、3度目となるヨーロッパ、そして初のアジアツアーを今週からスタートさせた。

ヨーロッパでは、9月1日にイタリアで開催されるGravity Graffitiのレーベルショーケースから、スウェーデン/ノルウェーを周り、ドイツではハレアン ソール郊外の古城で開催されるCastello Festivalに出演する。

アジアツアーでは香港の宀 Clubと台湾のKornerでのパーティーに出演する予定だ。またHayashiは10月にGravity Graffitiからリリース予定のコンピレーション ダブルEP「Graffi Gravi」 に新曲"Dissociative"が収録されることになっている。

RELATED

Yoshinori Hayashi『PEEP HALL / 壁の目会館』開催直前企画 | 13名によるYoshinori Hayashi

Yoshinori Hayashi、彼の作品・DJプレイは、ユーモアの実を備えた多種多様な木々で形成される奇妙な森の中で産まれるドラマとでもいうのか、とても神秘的かつ愉快な体験ができてしまう。

注目のプロデューサーYoshinori HayashiがワンマンパーティーをWWWβで開催

海外レーベルからのリリースやRainbow Disco Club 2018への出演も行い、躍進を続けるプロデューサー/DJのYoshinori Hayashiによるワンマン・パーティー『Peep Hall / 壁の目会館』がWWWβにて6/16(土)に開催される。

MOST POPULAR

音楽を聴いて鳥肌が立つのは特殊な脳の構造を持つ人だけが経験できるという研究結果

音楽を聴いて鳥肌が立つ、という体験をしたことがあるだろうか。もしあるならば、あなたはとてもラッキーな経験をしている。

大人になってからの音楽の好みは14歳の時に聴いた音楽で形成されている

私たちの音楽の好みは14歳の時に聴いた音楽によって形成されていると、研究により明らかになった。

Appleの重役がiTunesの音楽ダウンロードが終了することを認める

ついにその日が来てしまうのだろうか。先日発表されたアメリカレコード協会(RIAA)の2017年末の収入報告でもデジタルダウンロードの売り上げが2011年以来6年ぶりにCDやアナログレコードなどの売り上げよりも少なくなったと発表されたが、ちょうどそのタイミングでApple Musicの重役のJimmy Iovineが、iTunesストアの音楽ダウンロードが、終了する見込みであることをBBCの取材に対して認めている。