草野庸子がロンドンを撮影した写真集『Across the Sea』を刊行

roshin bookから写真家・草野庸子の新作『Across the Sea』が9月末に刊行される。

2014年に写真 新世紀優秀賞(佐内正史選)を受賞後から、精力的に活動を始めた草野は2015年に 『UNTITLED』(自費出版)、2017年に『EVERYTHING IS TEMPORARY(すべてが一 時的なものです)』(Pull the Wool)、同年に『YOKO KUSANO x MOTOLA SERENA』など次々に作品を発表してきた。

『Across the Sea』はロンドンを訪れた時に撮影した写真で構成、この時にしか掴むことができない光を集めた作品群は、みるものを切なくさせると同時に世界の溢れる生命力を感じさせてくれる。

RELATED

ブルックリンを拠点に活動するCole Barashが写真集『Stiya』の出版を記念した展示を幡ヶ谷gallery communeにて開催

2015年発表の写真集『Grimsey』がTIME誌のトップフォトブックの一つに選出された写真家のCole Barash。LAのインディペンデント写真出版レーベルDEADBEAT CLUBからとなる写真集『Stiya』のリリースを記念した展示を2/15(金) ‒ 3/3(日)まで幡ヶ谷gallery communeにて開催する。

奥山由之の写真展『白い光』がキヤノンギャラリーSにて開催

写真家・映像作家の奥山由之による写真展『白い光』が3月7日(木)よりキヤノンギャラリーSで開催される。2011年に『Girl』で第34回写真新世紀優秀賞を受賞し、2016年には『BACON ICE CREAM』で第47回講談社出版文化賞写真賞を受賞したほか、数々の写真集出版や、精力的な展覧会での作品発表、また映像作家としての活躍も著しい彼は、今回の写真展で「写真を見る」という行為を再認識させるような展示を行う。時代を牽引する写真家の感性が溢れる作品群を是非ご覧あれ。

Call Me 917やSupremeの撮影も行うNYの写真家Grace Ahlbomの作品の販売会を開催

NYを拠点に活動する写真家でCall Me 917やSupremeをはじめ、多くの企業やブランドの撮影も行うGrace Ahlbom。

MOST POPULAR

ヘイトスピーチや嫌がらせを発見した時にするべき4つのこと

公共の場で嫌がらせを受けている人を見つけた時はこのように行動しようというイラスト付きのリストを投稿され、多くの人にシェアされている。

テキサスで男性が鋼鉄のフェンスとセックスし逮捕

18日、米テキサス州の32歳の男が鋼鉄のフェンスと性行為を行い、告訴された。法廷に現れず、現在逃亡中とのこと。

ヴェネチアのビエンナーレに出展された「世界東京化計画」とは?世界の有名都市が東京に変化する映像作品

6つの都市が「東京のようなアーバンランドスケープになってしまったら?」というテーマ制作された「世界東京化計画」というビデオ作品はヴェネチア・アーキテクチャー・ビエンナーレで展示されている。