Lil Pumpの弁護士が彼は人種差別で逮捕されたと語る

先日、無免許運転で逮捕されたお騒がせラッパーのLil Pump。そんな中、彼の弁護士Brian BieberがTMZに対し、今回の逮捕について語った

Brianは、Pumpは若くして成功を収めたヒスパニックであり、高価な車を乗り回していたため警察の取り締まりの標的になってしまったとレイシズム的な観点が逮捕の要因の1つだと主張。
確かにPumpはまだ18歳なのにもかかわらず、ラッパーとして大きな成功を収めているため、偏見で見られることも多いだろうが無免許運転をしていたのは事実であり、Brianの発言は言い訳にしか聞こえないというのが正直なところだ。

ちなみにPumpは保釈金500ドル(約55000円)を支払い、すでに釈放されているとのこと。

そして、Pumpは釈放記念に自身のInstagramに今回逮捕された際のマグショットを投稿している。

BITCH IM BACK HARVERD DROPOUT DROPS SEPTEMBER 14th

@ lilpumpがシェアした投稿 -

笑顔が印象的なマグショットだ。
さらに投稿に添えられた文では、当初彼の誕生日である8/17(金)にリリースされる予定であった新作『Harverd Dropout』が9/14(金)にリリースすることを告知。自身のマグショットとともに新作の告知をするところがなんとも彼らしいが、しっかり予定通りにリリースされるのだろうか。

RELATED

Lil Pumpが新曲の歌詞でのアジア人差別を謝罪

新曲“Butterfly Doors”の一節にアジア人を差別するようなラインがあるとして、物議を醸していたLil Pump。これを受け、Miyachiがリアクションを行い、中国のラッパー達が続々とディス曲を発表したのは記憶に新しい。

Lil Pumpによるアジア人差別発言を受けて中国のラッパーが続々とディス曲を発表

先日Lil PumpがTwitter上でプレビューした新曲“Butterfly Doors”にアジア人を差別するようなリリックと「Ching Chong」というアドリブが含まれていることが問題となっている。日系アメリカ人ラッパーのMiyachiがこの件に対してリアクションを行なったことも取り上げたが、中国からはラッパーたちによってLil Pumpのディス曲が続々と発表されている。

Lil Pumpの新曲におけるアジア人差別にMiyachiがリアクション

昨日、Lil PumpがTwitterにてプレビューした新曲“Butterfly Doors”にアジア人を差別するかのような歌詞があるとして問題になっていることを取り上げたが、この問題を受け、日系アメリカ人ラッパーのMiyachiがリアクションをしている。

MOST POPULAR

音楽を聴いて鳥肌が立つのは特殊な脳の構造を持つ人だけが経験できるという研究結果

音楽を聴いて鳥肌が立つ、という体験をしたことがあるだろうか。もしあるならば、あなたはとてもラッキーな経験をしている。

大人になってからの音楽の好みは14歳の時に聴いた音楽で形成されている

私たちの音楽の好みは14歳の時に聴いた音楽によって形成されていると、研究により明らかになった。

Appleの重役がiTunesの音楽ダウンロードが終了することを認める

ついにその日が来てしまうのだろうか。先日発表されたアメリカレコード協会(RIAA)の2017年末の収入報告でもデジタルダウンロードの売り上げが2011年以来6年ぶりにCDやアナログレコードなどの売り上げよりも少なくなったと発表されたが、ちょうどそのタイミングでApple Musicの重役のJimmy Iovineが、iTunesストアの音楽ダウンロードが、終了する見込みであることをBBCの取材に対して認めている。