Wiz Khalifaが自身の息子をスクールバスに乗せたことへの批判に対して反論

ニューアルバム『Rolling Paper 2』をリリースし、現在、Rae SremmurdとのジョイントツアーDazed Blazed Tourで忙しい日々を送っているWiz Khalifa

そして、皆忘れているかもしれないが、そんな彼も1人の子の父親だ。昨日、Wizは自身のInstagramにこんな写真をポスト。

❤️1ST DAY OF KINDERGARTEN❤️RODE THE BUS AND ERE THANG‼️😝 #taylorgang #bash

Wiz Khalifaさん(@wizkhalifa)がシェアした投稿 -

自身とAmber Roseとの間に生まれたSebastian君、通称Bash君とのツーショット写真だ。
投稿に添えられた文によると、この写真はBash君の記念すべき幼稚園初日に、2人でスクールバスを待っている際に撮られたもののようだ。非常にほほえましい写真だが、一部のヘイターからこの写真に関してちょっとした批判が巻き起こった。

その批判とは、WizはなぜBash君をスクールバスなどに乗せたのかという批判だ。要するにWizほど有名で金を稼いでいるラッパーなら、自分の子供をスクールバスには乗せないだろうというわけだ。この批判に対し、彼は即座に動画で反応。

この動画内でWizはこのように語っている。「色んな人が俺になんで息子をスクールバスに乗らせたのかを聞いてくるけど、それは俺がリッチだからだ。リッチでいることと子供の経験は関係がないことだ。Bash自身が自分で、友達と一緒にバスに乗りたいと言ってきたんだ。俺は子供がやりたいようにやらせる」とBash君の意思を尊重したと語った。
確かにWizほどのラッパーであれば、Bash君を召使いなどに送らせることも可能だろうが、動画内で彼が語った子供の意思を尊重するということは親として当然のことであり、Wizの意見は正論だ。

実は、Wizの子育てに関して批判が巻き起こったのは今回が最初ではない。Bash君はTaylor Swiftの大ファンなのだが、それを知ったヘイターから男なんだからもっと男らしくしろなどとBash君に対して心許ない批判が相次いだことがある。
その時は母であるAmber Roseが「Taylor Swiftが好きだからって、5歳の男の子をゲイ呼ばわりする全てのとても男らしい男性と無知のクソ女たちに挨拶しておくわね」と痛烈な皮肉で批判を一刀両断している。

#AmberRose checks anyone coming for her son #Bash. Okay! 👏🏽👏🏽

The Shade Roomさん(@theshaderoom)がシェアした投稿 -

いずれにせよ、WizとAmberは離婚しているものの自分たちの息子を愛する気持ちは同じのようだ。Bash君はさぞ幸せなことだろう。
今後もこのような批判にさらされることは多いだろうが、どうか気にせずすくすく育っていってほしいものだ。

RELATED

Wiz Khalifaがニューアルバムで韓国人差別をしたとして釈明

先日、待望のニューアルバム『Rolling Papers 2』をリリースしたWiz Khalifa。 そんな中、新アルバムに収録されている1曲“Hot Now”のなかの一節がちょっとした問題になっているようだ。

Juicy Jが最新ミックステープ『SHUTDAFUKUP』をリリース | Lil PeepやWiz Khalifaが参加し$uicideboy$がプロデュース

Juicy Jが待望の最新ミックステープ『SHUTDAFUKUP』をリリースした。

Wiz KhalifaがLil Uzi Vertの"XO Tour Llif3"のプラチナディスクを受け取る?| Lil Uzi Vertの所属レーベル問題に新たな展開?

Lil Uzi Vertの所属レーベルに関して、昨年12月にWiz Khalifaは自らの率いるTaylor Gangに彼が加わったことを発表したものの、Generation NowのDJ DramaとDon Connanはこれを否定した。

MOST POPULAR

音楽を聴いて鳥肌が立つのは特殊な脳の構造を持つ人だけが経験できるという研究結果

音楽を聴いて鳥肌が立つ、という体験をしたことがあるだろうか。もしあるならば、あなたはとてもラッキーな経験をしている。

大人になってからの音楽の好みは14歳の時に聴いた音楽で形成されている

私たちの音楽の好みは14歳の時に聴いた音楽によって形成されていると、研究により明らかになった。

Appleの重役がiTunesの音楽ダウンロードが終了することを認める

ついにその日が来てしまうのだろうか。先日発表されたアメリカレコード協会(RIAA)の2017年末の収入報告でもデジタルダウンロードの売り上げが2011年以来6年ぶりにCDやアナログレコードなどの売り上げよりも少なくなったと発表されたが、ちょうどそのタイミングでApple Musicの重役のJimmy Iovineが、iTunesストアの音楽ダウンロードが、終了する見込みであることをBBCの取材に対して認めている。