Lad Musician 2018 AW Collectionのイメージムービー

今季は黒い形而上学をテーマにシーズンを展開しているLad Musicianがイメージムービーを公開した。

ムービーでは深遠さを感じさせる自然や、妖しい雰囲気を感じさせる工場などのロケーションで、静かに佇む少年たちの姿を捉えている。サウンドトラックには人々の話し声や、微細なノイズなどが採用されており、普段生活している中では気づきづらい世界を可視化、その中でLad Musicianのアイテムが存在感を放っている。

Info

LAD MUSICIAN SHINJUKU

160-0022 東京都新宿区新宿3-31-6-1F

Tel.03-6457-7957

http://www.ladmusician.com

RELATED

Lad Musicianの2018 AW Collection Lookbook | テーマは黒い形而上学

Lad Musicianの2018 AW Collection Lookbookが公開された。今季のテーマは黒い形而上学だ。

LAD MUSICIANの2018 SUMMER COLLECTIONのLOOKBOOK

黒田雄一がデザイナーを務めるLAD MUSICIANの、2018 SUMMER COLLECTIONのLOOKBOOKが公開された。

Lad Musicianの2018 S/S Collectionが公開 | テーマは『MAYBE A PAINTER OR A MUSICIAN.』

黒田雄一がデザイナーを務めるLad Musicianの2018 S/S Collectionが公開となった。テーマは『MAYBE A PAINTER OR A MUSICIAN.』。

MOST POPULAR

NYのSupremeファンを恐怖に陥れるThe Apeとは?!

NYではSupremeはご用心

NYのスケーターの間でSupreme離れが進んでるとの報道。ルイ・ヴィトンとのコラボが影響か

Supremeとルイ・ヴィトンとのコラボの影響はポジティブな面でも、ネガティブなでも、その影響は大きそうだ。ポジティブな面で言うとこのストリートファッションシーンの巨人が、前人未到の地位にいることを再確認させてくれた。コラボ直後にはルイ・ヴィトンを手がける世界最大のファッション企業体LVMHグループがSupremeを買収するという噂話も、まことしやかに流された。

Thrasherの編集長がスケーターアイテムを着るセレブを批判

Thrasherは1981年に創刊されたスケート雑誌の象徴といえる存在だ。現在ファッション業界でThrasherのロゴが入ったTシャツやパーカーなどのアイテムが、トレンドになっている。