Travis Scottがマジックにびっくり

ニューアルバム『Astroworld』が全米チャート1位を獲得し、名実ともにシーンを代表するラッパーになりつつあるTravis Scott

最近では愛娘と戯れている様子をSNS上にあげたりなど、公私ともに充実の一途をたどり絶好調ともいえる彼だが、そんなTravisでもマジックの種は見破れなかったようだ。

日曜日、マジシャンのDavid Blaineが自身のInstsgramにTravisと彼のクルー達にマジックを披露している動画を投稿した。

@travisscott and some of his friends came over today

David Blaineさん(@davidblaine)がシェアした投稿 -

動画から分かるように、Blaineはトランプマジックを披露したようで、Travisまたは彼のクルーの免許の番号を言い当てている。
番号が見事に合致していることに気付いたTravisは“What!”と叫ぶとともにカードの並べられたテーブルから離れていった。
クールな印象のあるTravisだが、さすがに驚きを隠すことはできなかったようだ。
Travisは自身のInstagramにもBlaineとの写真を投稿している。

🤯🤯🤯 @davidblaine

flameさん(@travisscott)がシェアした投稿 -

この投稿ではTravisがなにやらBlaineの腕を触っている様子がうかがえるが、おそらくマジックの途中なのだろう。いずれにせよ、今回驚きを隠さなかったTravisに親近感が沸いた人は少なからずいるのではないだろうか。

ちなみに、David Blaineは2016年にDrakeにもマジックを披露しており、これで“Sicko Mode”の2人のラッパーにマジックをしたことになった。
動画は以下のリンクから観ることができる。

RELATED

ジョナ・ヒルがTravis Scottの『Astroworld』を「今年最高のアルバム」と絶賛し、Kanye Westについても語る

90年代のヒップホップカルチャーを題材にとった自伝的映画『Mid 90s』が現在アメリカで公開中の俳優ジョナ・ヒルがGQの“Men of The Year”インタビューに登場。完成した映画やヒップホップなど様々なトピックについて語っている。

Travis Scottが観覧車型のセットに乗って回転しながらライヴを行う

名実ともに今年を代表するアルバムとなった『ASTROWORLD』をリリースして以来、その勢いを止めることなく活動を続けるTravis Scott。彼は現在『ASTROWORLD』の遊園地をモチーフにしたアートワークに因んで遊園地を思わせるようなステージングのツアーを行なっているが、そんな中でなんとステージに観覧車を登場させてしまった。

Travis ScottのA&Rが「"SICKO MODE"のDrakeのヴァースは『Astroworld』がリリースされる当日に完成した」と明かす

今年を代表するアルバムの一つとなったTravis Scottの『ASTROWORLD』。その中でもDrakeをフィーチャーした“SICKO MODE”は非常に人気が高い一曲だが、Drakeが同曲を制作した時の興味深いエピソードがTravis ScottのA&Rを務めるSickamoreによって明かされた。

MOST POPULAR

音楽を聴いて鳥肌が立つのは特殊な脳の構造を持つ人だけが経験できるという研究結果

音楽を聴いて鳥肌が立つ、という体験をしたことがあるだろうか。もしあるならば、あなたはとてもラッキーな経験をしている。

大人になってからの音楽の好みは14歳の時に聴いた音楽で形成されている

私たちの音楽の好みは14歳の時に聴いた音楽によって形成されていると、研究により明らかになった。

Appleの重役がiTunesの音楽ダウンロードが終了することを認める

ついにその日が来てしまうのだろうか。先日発表されたアメリカレコード協会(RIAA)の2017年末の収入報告でもデジタルダウンロードの売り上げが2011年以来6年ぶりにCDやアナログレコードなどの売り上げよりも少なくなったと発表されたが、ちょうどそのタイミングでApple Musicの重役のJimmy Iovineが、iTunesストアの音楽ダウンロードが、終了する見込みであることをBBCの取材に対して認めている。