6ix9ineのマネージャーが「彼のビーフは言論の自由を行使しているだけ」と語る

Chief Keefを代表とするシカゴ勢や、さらにYGなど様々なラッパーたちとのビーフを抱えている6ix9ine。Nicki Minajとのコラボシングル”FEFE”がヒットするなど、危険と隣り合わせながらも成功を収めている彼のマネージャーが、6ix9ineに対する自身の意見を公表した。

6ix9ineのマネージャーであるTr3ywayは、番組「Rap Radar’s Ciger Talk」に登場し初のインタビューに応えた。6ix9ineの度重なる煽り行為とビーフについて尋ねられた彼は、「6ix9ineは単に言論の自由を行使しているだけ」とし、ビーフを行うことには何の問題もないという意見を示している。

「俺たちは最も偉大な国に住んでいるんだ。そして、俺たちに保証されている権利は言論の自由だろ?ヤツはその権利をうまく使ってると思うよ。それに、煽りをやってるのは6ix9ineだけじゃないし、あいつが初めてって訳でもない。ただ、それが上手いだけだ」と語るTr3ywayは、6ix9ineの行動を問題と考えるどころか上手くやっていると肯定的に捉えているようだ。彼の言動によって起こりうるトラブルについては、「誰かが6ix9ineに危害を加えない限り、誰もが自由に発言する権利を持っているんだ。それに、誰も危害なんて加えないだろうしな。俺たちはアメリカにいるから、何だって言うことが出来るんだ」とのことだ。

Ty3ywayは「誰も危害は加えない」としているが、実際に6ix9ineとビーフをしていたChief Keefが銃撃され、また6ix9ine自身も強盗と誘拐に遭うなど暴力的な事件に発展する前兆は見えている。

どうやらマネージャーも火に油を注いでいるらしい6ix9ineのビーフだが、どうか実際に死傷者が出るような事態だけは避けてほしいものだ。

インタビューの全体はこちら。

RELATED

Chuck DがKanye Westに対し「お前は6ix9ineとつるむには歳をとりすぎている」と諌める

Kanye Westと6ix9ine、そしてNicki Minajの三人は以前よりコラボ曲を作っていることが伝えられており、MVをビバリーヒルズにて撮影していた。そんな中、先週木曜日にKanyeら三人が撮影を行なっていた家の付近で彼らを狙ったと見られる銃撃事件が発生。それを受けて、Public EnemyのリーダーChuck Dがコメントを発表している。

6ix9ineがYoung Chopを「ビートメイクを勉強するために大学へ行っていた」と煽る

数多のビーフを抱え、相手を徹底的に煽り倒すスタイルで知られている6ix9jne。ここ最近は慈善活動を積極的に行なっている様子などポジティブなニュースが多く伝えられていたが、以前より続いているChief Keefとのビーフが再び勢いを増しているようだ。

6ix9ineが脳腫瘍のファンの少年に会いに行き家族の1年分の家賃を寄付

6ix9ineといえば多くの問題行動や複数のラッパーたちとのビーフでお騒がせラッパーとして知られているが、慈善活動を積極的に行うという意外な一面も持ち合わせている。以前はシカゴ出身のChief Keefを挑発する目的でシカゴのホームレスに食料を支給していたことをFNMNLでも報じたが、そんな彼が今回、難病を抱えたファンの少年に会いに行ったようだ。

MOST POPULAR

音楽を聴いて鳥肌が立つのは特殊な脳の構造を持つ人だけが経験できるという研究結果

音楽を聴いて鳥肌が立つ、という体験をしたことがあるだろうか。もしあるならば、あなたはとてもラッキーな経験をしている。

大人になってからの音楽の好みは14歳の時に聴いた音楽で形成されている

私たちの音楽の好みは14歳の時に聴いた音楽によって形成されていると、研究により明らかになった。

Appleの重役がiTunesの音楽ダウンロードが終了することを認める

ついにその日が来てしまうのだろうか。先日発表されたアメリカレコード協会(RIAA)の2017年末の収入報告でもデジタルダウンロードの売り上げが2011年以来6年ぶりにCDやアナログレコードなどの売り上げよりも少なくなったと発表されたが、ちょうどそのタイミングでApple Musicの重役のJimmy Iovineが、iTunesストアの音楽ダウンロードが、終了する見込みであることをBBCの取材に対して認めている。