kZmが初のマーチャンダイズの受注販売をスタート | CreativeDrugStoreとのコラボTシャツも

7月に開催されたYENTOWNが主催するイベント『YENJAMIN SP』にて即完売となったkZmの初のマ ーチャンダイズが、期間限定にて受注販売がスタートした。

1stアルバム『DIMENSION』収録曲"WANGAN"のリリックを彷彿させるデザインや、 今注目のコラージュアーティストであるヤビク・エンリケ・ユウジや CreativeDrugStoreとのコラボデザインのTシャツなど、全5アイテムが販売される。

オーダーはこちらから。

RELATED

B.LEAGUEのサンロッカーズ渋谷のホームゲームでkZmとSHINGO☆西成がスペシャルライヴを披露

プロバスケットボールのB.LEAGUEに所属するサンロッカーズ渋谷が、12/8(土)に青山学院記念館で大阪エヴェッサを迎えてのホームゲームを開催する。

新レーベルYAOYAがAWAでプレイリストを公開

日本と海外のアーティストのさらなる交流を目指す音楽レーベルYAOYAが、今夏スタート。 Elle Teresaのリリースで幕を開けたこのレーベルのロゴは大人気のデザイナーVERDYによるもの。

LISACHRISがBIM & kZm、Howie Leeなどが参加したリミックスEP『ARIAGAIN』をリリース

LISACHRISは今年4月にリリースした1st EP『ARIAKE』で、インストゥルメンタルのみで、自身の音世界を表現したが、そのEPに新たな彩りが加えられることになった。

MOST POPULAR

NYのSupremeファンを恐怖に陥れるThe Apeとは?!

NYではSupremeはご用心

NYのスケーターの間でSupreme離れが進んでるとの報道。ルイ・ヴィトンとのコラボが影響か

Supremeとルイ・ヴィトンとのコラボの影響はポジティブな面でも、ネガティブなでも、その影響は大きそうだ。ポジティブな面で言うとこのストリートファッションシーンの巨人が、前人未到の地位にいることを再確認させてくれた。コラボ直後にはルイ・ヴィトンを手がける世界最大のファッション企業体LVMHグループがSupremeを買収するという噂話も、まことしやかに流された。

Thrasherの編集長がスケーターアイテムを着るセレブを批判

Thrasherは1981年に創刊されたスケート雑誌の象徴といえる存在だ。現在ファッション業界でThrasherのロゴが入ったTシャツやパーカーなどのアイテムが、トレンドになっている。