Post Maloneのプライベートジェットのタイヤがパンクし緊急着陸

今年の上半期に最も売れたアーティストであり、フジロック2018での素晴らしいライブも記憶に新しいPost Malone

そんな彼が飛行機トラブルで九死に一生を得た。TMZによると、Post Maloneと彼のチームはロンドンに向かうためニューヨークから飛行機に乗ったのだが、パイロットがタイヤの故障に気付き、急遽旋回し、緊急着陸に至ったとのこと。

幸いにも無事着陸には成功し、Post Malone本人にもけがなどはなかったようだ。
彼は着陸したあと、自身のTwitterでこのようにツイート。

みんな、俺は着陸したよ。無事を祈ってくれてありがとう。どのくらいの人が俺の死を願っていたのか信じられない。くそ食らえ。俺の命日は今日じゃない」とファンに感謝するとともに、アンチ達には皮肉をぶつけている。

そして、TMZは着陸後のPost MaloneとFaceTimeを行うことに成功。

彼は
「俺は飛行機が大嫌いだ。何を言うべきかわからないよ。俺はショックを受けている」と語り続けて、「ビールが欲しい、ワインも欲しい。一緒に飲みたい」ととりあえず大好きなビールを飲んで、リラックスしたかったようだ。

TMZにはPost Maloneが乗っていた飛行機が着陸する様子も掲載されている。

確かに、動画で見る限りは安全に着陸しているようだ。

今回、Post Maloneは幸いにも死を免れることができたが、人気アーティストである以上、これからも飛行機で移動することは多くあるだろう。
彼だけではなく、飛行機での移動は海外でのライブやフェスに引っ張りだこのアーティストにとっては宿命だ。
彼らのパイロットにはくれぐれも安全に飛行してほしいものだ。

RELATED

Post Maloneが「もはやジャンルは存在しない」と語る

ヒップホップ、トラップやオルタナティブロックなど様々なジャンルが融合したようなスタイルで確固たる人気を築いているPost Malone。大ヒットアルバム『beerbongs & bentleys』がグラミー賞2019のラップアルバム部門の候補から外れたように彼の音楽のジャンル分けはしばしば議論の対象になるが、そんな彼が「音楽ジャンル」という物に対する持論をHITS Daily Doubleのインタビューにて語っている。

Post Maloneのアルバム『Beerbongs & Bentleys』がグラミー賞のラップアルバム部門ではなくポップ部門にノミネートか

すでに候補の選出が始まっているグラミー賞2019。今回のグラミーは新しく改訂されたルールの下で選出が行われるということが伝えられているが、そこでPost Maloneの大ヒット作『Beerbongs & Bentleys』のジャンル分けが議論の対象となっている。

Post Maloneが東京で顔にタトゥーを入れる

「顔にタトゥーを入れるのはお母さんを怒らせるため」と発言していたPost Maloneは、日本からの帰国後もどうやらまたお母さんの逆鱗に触れてしまうようだ。

MOST POPULAR

音楽を聴いて鳥肌が立つのは特殊な脳の構造を持つ人だけが経験できるという研究結果

音楽を聴いて鳥肌が立つ、という体験をしたことがあるだろうか。もしあるならば、あなたはとてもラッキーな経験をしている。

大人になってからの音楽の好みは14歳の時に聴いた音楽で形成されている

私たちの音楽の好みは14歳の時に聴いた音楽によって形成されていると、研究により明らかになった。

Appleの重役がiTunesの音楽ダウンロードが終了することを認める

ついにその日が来てしまうのだろうか。先日発表されたアメリカレコード協会(RIAA)の2017年末の収入報告でもデジタルダウンロードの売り上げが2011年以来6年ぶりにCDやアナログレコードなどの売り上げよりも少なくなったと発表されたが、ちょうどそのタイミングでApple Musicの重役のJimmy Iovineが、iTunesストアの音楽ダウンロードが、終了する見込みであることをBBCの取材に対して認めている。