ベストサマーチューン 2018 Selected by J.COLUMBUS

FNMNLの夏の恒例企画『ベストサマーチューン』。アーティストやブランドデザイナー、ショップオーナーなどの方々が、思い思いの2018年の夏の1曲をピックアップ。暑すぎる今年の夏のお供に選ばれるのは、一体どんな楽曲たち?

WDsoundsのオーナーであり PAYBACK BOYSのヴォーカルであるLil MERCYのラッパーとしての名義であるJ.COLUMBUSによる今夏の1曲。

LE$ - "TOP DOWN"

コメント

サンプルからビデオから何もかもが最高。今年の猛暑に最高に合ってるスローサマー$HITだと思います。
2017の曲ですが予定が被ってしまっていけないであろう川崎でのライヴに思いを馳せつつ、クーラーの効いた部屋で抹茶ミルクのようなこのレコードを聴いて過ごしたいと思います。

告知

現在1stアルバム『NORTH TOKYO SOULTAPE』が発売中。そろそろ配信も解禁される頃かと。
夏の終わりごろに新作EPのリリースを予定してます。
COTTON DOPE名義でのMIX CDがMIDNIGHT MEALより夏の終わり頃にリリース予定。
LIVEはいつものNEW DECADE。10/6に福岡キースフラックに行きます。

J.COLUMBUS

WDsoundsのオーナーであり PAYBACK BOYSのヴォーカルであるLil MERCYの ラッパーとしての名前。 CENJUと共にCJ&JCというデュオを組んでおりDOWN NORTH CAMPに所属している。Jを抜いたCOLUMBUSの部分はSPERBが命名していることからもわかる通りCRACKS BROTHERSのダークキャビネットの一員である。かつてはCIAZOOのメンバーであり、現在はINGLORIOUS BASTARDSのリーダーである。
今までにSUN COLUMBUS EP ・NORTH TOKYO SOULTAPE STREET ALBUMを自主でリリース。CJ&JCとしてもアルバム「STEVE JOBBS」をリリース。BUSHMIND、DJ HIGHSCHOOL、CENJU、B.D.、MIKRIS、JBM、ILL-TEE、MASS-HOLE等の作品にゲストとして参加。ソウルフルで詩的なラップは「街そのものが歌っているような音楽」と評されている。2018年晩夏に新作のリリースを予定している。
DJや文章を書くときはCOTTON DOPEという名称で活動している。RIVERSIDE READING CLUBの発足時からの会員でもある。SEMINISHUKEIにはDA PENCH MOBBという名前で所属している。

RELATED

ベストサマーチューン 2018 Selected by 嫁入りランド

FNMNLの夏の恒例企画『ベストサマーチューン』。アーティストやブランドデザイナー、ショップオーナーなどの方々が、思い思いの2018年の夏の1曲をピックアップ。暑すぎる今年の夏のお供に選ばれるのは、一体どんな楽曲たち?

ベストサマーチューン 2018 Selected by LIL MOFO

FNMNLの夏の恒例企画『ベストサマーチューン』。アーティストやブランドデザイナー、ショップオーナーなどの方々が、思い思いの2018年の夏の1曲をピックアップ。暑すぎる今年の夏のお供に選ばれるのは、一体どんな楽曲たち?

ベストサマーチューン 2018 Selected by Stupid Kozo

FNMNLの夏の恒例企画『ベストサマーチューン』。アーティストやブランドデザイナー、ショップオーナーなどの方々が、思い思いの2018年の夏の1曲をピックアップ。暑すぎる今年の夏のお供に選ばれるのは、一体どんな楽曲たち?

MOST POPULAR

【Interview】UKの鬼才The Bugが「俺の感情のピース」と語る新プロジェクト「Sirens」とは

The Bugとして知られるイギリス人アーティストKevin Martinは、これまで主にGod, Techno Animal, The Bug, King Midas Soundとして活動し、変化しながらも、他の誰にも真似できない自らの音楽を貫いてきた、UK及びヨーロッパの音楽界の重要人物である。彼が今回新プロジェクトのSirensという名のショーケースをスタートさせた。彼が「感情のピース」と表現するSirensはどういった音楽なのか、ロンドンでのライブの前日に話を聞いてみた。

【コラム】Childish Gambino - "This Is America" | アメリカからは逃げられない

Childish Gambinoの新曲"This is America"が、大きな話題になっている。『Atlanta』やこれまでもChildish Gambinoのミュージックビデオを多く手がけてきたヒロ・ムライが制作した、同曲のミュージックビデオは公開から3日ですでに3000万回再生を突破している。

Floating Pointsが選ぶ日本産のベストレコードと日本のベストレコード・ショップ

Floating Pointsは昨年11月にリリースした待望のデビュー・アルバム『Elaenia』を引っ提げたワールドツアーを敢行中だ。日本でも10/7の渋谷WWW Xと翌日の朝霧JAMで、評判の高いバンドでのライブセットを披露した。