Juice WRLD、Lil PumpらがXXXTentacionやLil Peepなどについて語る

先日開催されたMTV Video Music Awardsは例年通り様々な話題を提供してくれたが、ComplexがVMAに出席したラッパーたちにインタビューを行う動画を公開している。

動画にはJuice WRLD、Lil Pump、Rich The Kid、KYLEやLil Xanなどが登場。インタビュアーが彼らの着ている服について尋ねていく中で、「今日はLouis Vuittonのジャケットとスニーカーで固めてるけど、どうしてその組み合わせなんだい?」と尋ねられたLil Pumpは「俺は今”Louis Gang”なんだ。”Gucci Gang”じゃない。いや、”Gucci Gang”でもあるけど、今は”Louis Gang”なんだ。時々Gucciで時々Louisって感じだな」と、いかにも彼らしい回答をしている。

インタビューでは今年亡くなったXXXTentacionについて質問している。Juice WRLDは「彼は同じトラックの上でトラップやロックやカントリーの曲を作ることが出来た。そこが偉大だったんだ」と彼の才能を説明し、Smokepurppは「XXXTentacionは俺やPumpやSkiがいる流れを作った。俺たちを助けてくれたから、悲しいよ」と、彼によって今のシーンの潮流が作られたと語った。

Lil Pumpは「彼はみんなを良い人間にして、ポジティブなものを世の中に広げようとしてた。俺たちはクソみたいな世界で生きているからな。R.I.P. XXXTentacion、R.I.P. Lil Peep。Esskeetit」と彼を追悼した。Lil XanはXXXTentacionの死を受けて腕に入れたタトゥーをカメラに見せ、彼について「現代の2pacだ。彼の遺産は残り続けるよ」としているが、かつて2pacを「退屈な音楽」と評して顰蹙を買ったLil Xanだけにこの表現は興味深い。

動画の後半では「Travis ScottとMeek Millのどちらがバスケットボールが上手いと思うか」というテーマでインタビューを行なっており、先日開催されたチャリティー試合で3ポイントシュートを決めたTravis Scottに票を入れる者が多かった。
実際の試合の様子はこちらから観ることができる。

‪Meek Mill and Travis Scott really #ActingUp at James Harden’s charity game 😂😂‬

SLAMさん(@slamonline)がシェアした投稿 -

以前はシュートが下手だということでNBAプレイヤーのJames HardenにバカにされていたこともあったTravis Scottだが、アルバム『Astroworld』の調子も良い上にバスケの腕も上達し、まさしく絶好調といったところだろうか。

RELATED

Juice WRLDが“Lucid Dreams”のサンプルを巡ってSting側との争いについて「腹を立てていない」とコメント

今年を代表するヒット曲の1つとなったJuice WRLDの“Lucid Dreams”。Stingのクラシック“Shape of My Heart”をサンプリングしている同曲のサンプル使用料が話題となっている。

アメリカの制作会社が故XXXTentacionを演じる俳優を募集中 | XXXTentacionをテーマにした番組を制作中か?

今年の6月にこの世を去ったXXXTentacionを題材にしたテレビ番組をアメリカの制作会社が企画している。それに伴って現在、彼を演じる俳優が募集されているようだ。

故Lil Peepによるニューアルバム『Come Over When You're Sober, Pt. 2』が本日リリース

1年前に21歳の若さでオーバードースによって亡くなったLil Peepの未発表音源を盟友であるプロデューサーのSmokeasacがまとめあげた作品となっていて、音源は前作リリース後にレコーディングされたものだという。

MOST POPULAR

音楽を聴いて鳥肌が立つのは特殊な脳の構造を持つ人だけが経験できるという研究結果

音楽を聴いて鳥肌が立つ、という体験をしたことがあるだろうか。もしあるならば、あなたはとてもラッキーな経験をしている。

大人になってからの音楽の好みは14歳の時に聴いた音楽で形成されている

私たちの音楽の好みは14歳の時に聴いた音楽によって形成されていると、研究により明らかになった。

Appleの重役がiTunesの音楽ダウンロードが終了することを認める

ついにその日が来てしまうのだろうか。先日発表されたアメリカレコード協会(RIAA)の2017年末の収入報告でもデジタルダウンロードの売り上げが2011年以来6年ぶりにCDやアナログレコードなどの売り上げよりも少なくなったと発表されたが、ちょうどそのタイミングでApple Musicの重役のJimmy Iovineが、iTunesストアの音楽ダウンロードが、終了する見込みであることをBBCの取材に対して認めている。