Stormzyがケンブリッジ大学のアフリカ系学生が対象の奨学金を設立

UKの人気ラッパーStormzyが、ケンブリッジ大学の学生を対象に奨学金を設立したことが明らかになった。

Stormzyは今週の木曜日に「Stormzy Scholarship」の設立を宣言。対象となっているのはケンブリッジ大学の黒人学生二人で、授業料全額と学部に在籍するための最大四年間の生活費を提供するという。

ケンブリッジ大学は以前からアフリカ系やアジア系などの学生が少ないという批判を浴びせられており、2017年にケンブリッジ大学へ進学した黒人学生はわずか58名であるという。この事実を踏まえ、Stormzyは「特に黒人の学生には、その全員に大学に進学するという選択肢が与えられているということが重要だ」と述べ、自身の奨学金の理念を説明している。

以前にもファンの女子学生がハーバード大学に進学するための資金を援助した他、子ども達のための出版レーベルを立ち上げるなど、ファンや困っている人々への援助を積極的に行うことで知られているStormzyだが、今回の奨学金が助けになるような人々は多いだろう。彼の音楽はもちろんのこと、その社会活動にも注目していきたいところだ。

RELATED

Stormzyがライブでイギリス政府を批判

先週末にロンドンで行われたWireless Festival。様々なヒップホップアーティストがライブを行い、大きな盛り上がりをみせた。

Stormzyが若い作家が本を出版できるように出版レーベルを立ち上げる

グライムの代表的なアーティストの一人であるStormzyが、今回新たな出版のレーベルを立ち上げることを明かした。

Stormzyがフェスでのライブ中にW杯のイングランド対コロンビア戦を観客と一緒に見て盛り上がる

大きな盛り上がりをみせているサッカーW杯ロシア大会。世界一を決める大会の結果が気になるのはアーティストも同じようで、UKのラッパーStormzyもその一人のようだ。

MOST POPULAR

音楽を聴いて鳥肌が立つのは特殊な脳の構造を持つ人だけが経験できるという研究結果

音楽を聴いて鳥肌が立つ、という体験をしたことがあるだろうか。もしあるならば、あなたはとてもラッキーな経験をしている。

大人になってからの音楽の好みは14歳の時に聴いた音楽で形成されている

私たちの音楽の好みは14歳の時に聴いた音楽によって形成されていると、研究により明らかになった。

Appleの重役がiTunesの音楽ダウンロードが終了することを認める

ついにその日が来てしまうのだろうか。先日発表されたアメリカレコード協会(RIAA)の2017年末の収入報告でもデジタルダウンロードの売り上げが2011年以来6年ぶりにCDやアナログレコードなどの売り上げよりも少なくなったと発表されたが、ちょうどそのタイミングでApple Musicの重役のJimmy Iovineが、iTunesストアの音楽ダウンロードが、終了する見込みであることをBBCの取材に対して認めている。