BlocBoy JBが「ヒットしたことによるプレッシャーは無く、金持ちになりたいとも思わない」と発言

Shootダンスの流行とDrakeのフックアップによって一気に巨大な名声を手にしたBlocBoy JB。2018年のXXL Freshmanにも選ばれた彼が、Drakeの名前を借りずに今後のキャリアを続けて行くことについて語っている。

Complexの番組「Everyday Struggle」に出演したJBは、「Drakeが参加した”Look Alive”で大きなヒットを記録して、今後一人でやっていくことに対してプレッシャーを感じるか」という質問に対して、「いや、それはないね。プレッシャーを感じるのは、トップ5に入る曲を作ろうとするからだ」と答え、ヒットしたことによるプレッシャーは無いと説明した。「ラップゲームのトップになりたくても、”トップ5に入る曲を作らなきゃ”と考えちゃダメだ。そうすると、一曲一曲に対して考えすぎてしまうからな。音楽を作ることについてだけ考えていれば良いんだ」と話す彼には、ヒットするような曲を作ろうとする意思はないようだ。

いわゆる一発屋で終わってしまうラッパーは数多く存在するが、JBはあくまで活動を続けて行くことに対してのみ集中しているという。「ショウを続けて、それを楽しむことさえやめなければ金は入ってくるんだ。全ては楽しむことから始まったんだからな。俺は”やった、とうとうラッパーになれたぞ”とは言わない。息子が生まれたときは真剣に考えたけど、それでも俺は金持ちになりたいなんて考えたことはないよ」と語っているように、彼はあくまでラッパーでいることを楽しみたいという。

多額をつぎ込んだジュエリーを次々に作る6ix9ineなど、若い内に大きなヒットを飛ばしたラッパーは過度なフレックスをする者も多いが、BlocBoy JBは若手のラッパーの中でも珍しく謙虚な姿勢を保ち続けている。ブレイクして以降のキャリアを真剣に考えなければラッパーが長く活動を続けて行くことは難しいが、彼はこのまま活動を楽しみつつキャリアを重ねることが出来るような気配を感じさせる。BlocBoy JBが登場した「Everyday Struggle」のフルバージョンは以下から視聴が可能だ。

RELATED

BlocBoy JBが薬物、ハンドガン、窃盗品の所持などの容疑で指名手配

テネシー州メンフィスの警察が新進気鋭のラッパーBlocBoy JBを指名手配した事が明らかとなった。

Fortniteを開発したEpic Gamesが「ダンスに著作権は存在しない」と主張

今や全世界で社会現象を巻き起こしている大人気ゲームのFortnite。しかし、そのゲーム内で購入できるダンスムーブが自身が生み出したものと類似しているとしてラッパーの2 MillyやBlocboy JBがFortniteを開発したEpic Gamesを相手取り、訴訟を起こしたことは記憶に新しい。そんな中、2 Millyが起こした訴訟の初公判が行われ、Epic Games側が「ダンスに著作権は存在しない」と主張した。

BlocBoy JBがついに「Shootダンス」を巡って人気ゲーム『Fortnite』を訴える

以前より自身が発明し大流行した「Shootダンス」の動きを許可なく使用されたとして人気ゲーム『Fortnite』を訴える意向を示していたBlocBoy JBが、いよいよ本格的な訴訟を起こしたことが明らかとなった。

MOST POPULAR

音楽を聴いて鳥肌が立つのは特殊な脳の構造を持つ人だけが経験できるという研究結果

音楽を聴いて鳥肌が立つ、という体験をしたことがあるだろうか。もしあるならば、あなたはとてもラッキーな経験をしている。

大人になってからの音楽の好みは14歳の時に聴いた音楽で形成されている

私たちの音楽の好みは14歳の時に聴いた音楽によって形成されていると、研究により明らかになった。

Appleの重役がiTunesの音楽ダウンロードが終了することを認める

ついにその日が来てしまうのだろうか。先日発表されたアメリカレコード協会(RIAA)の2017年末の収入報告でもデジタルダウンロードの売り上げが2011年以来6年ぶりにCDやアナログレコードなどの売り上げよりも少なくなったと発表されたが、ちょうどそのタイミングでApple Musicの重役のJimmy Iovineが、iTunesストアの音楽ダウンロードが、終了する見込みであることをBBCの取材に対して認めている。