ベストサマーチューン 2018 Selected by Daichi Yamamoto

FNMNLの夏の恒例企画『ベストサマーチューン』。アーティストやブランドデザイナー、ショップオーナーなどの方々が、思い思いの2018年の夏の1曲をピックアップ。暑すぎる今年の夏のお供に選ばれるのは、一体どんな楽曲たち?

1993年京都市生まれのラッパー/美術家で、Aaron Choulaiとのコラボ作『WINDOW』をリリースしたばかりのDaichi Yamamotoの夏の1曲。

Cosmo Pyke - "Chronic Sunshine"

 

コメント

PVも冬に撮ってそうなので、夏らしい曲でもないのですが。先日海に行く道中、エアコンの効いた車内でかけると爽快で思わず窓開け、顔だしてCHRONIC
SUNSHIIIIIINEって叫んじゃいました。サビでレゲエ調に変わるからでしょうかね、レゲエは夏バテに効きそうです。

告知

Aaron Choulai x Daichi Yamamoto『WINDOW』 発売中!

Daichi Yamamoto

1993年京都市生まれのラッパー/美術家。日本人の父とジャマイカ人の母を持つ。18歳からラップとビートメイキングを始め、京都を中心にライブを行う。近年、SoundCloud上に発表した音源が話題を呼び、JJJ(Fla$hBackS)やAaron
Choulai、Kojoe、The Nostalgia
Factoryらとコラボした楽曲を次々に発表。Eleking誌のインタビューで、Olive
Oilが「好きなラッパー」として言及するなど、注目が高まっている。また、2012年からロンドン芸術大学にてインタラクティブ・アートを学び、フランスのワイン会社とコラボしたアート作品"Degorgement"や、Pongのバー操作を声の高低で行う"Voice
Pong"を制作。後者はロンドン・サイエンス・ミュージアムにて展示が行われた。さらに今年、数枚のレコードを継ぎ接ぎして新たな一枚のレコードへと作り変えた作品"Broken
Records"を、スウェーデン出身のシンガーtoffeのリリースパーティーで展示。鑑賞者をパフォーマーへと変える彼のインスタレーション作品には、ラッパー=パフォーマーとしての経験が反映されており、アーティスト側からも高い評価を得ている。

RELATED

Aaron ChoulaiとDaichi Yamamotoのコラボ作からGAPPER & 仙人掌をフィーチャーした"All Day Remix"のミュージックビデオ

ラッパーのDaichi Yamamotoとジャズ・ピアニストや作曲家、ビートメイカーとして活躍するAaron Choulaiのジョイント作『WINDOW』から、ハイライトとなっていた仙人掌、GAPPERをフィーチャーした“All Day Remix”のミュージックビデオが公開となった

ベストサマーチューン 2018 Selected by 嫁入りランド

FNMNLの夏の恒例企画『ベストサマーチューン』。アーティストやブランドデザイナー、ショップオーナーなどの方々が、思い思いの2018年の夏の1曲をピックアップ。暑すぎる今年の夏のお供に選ばれるのは、一体どんな楽曲たち?

ベストサマーチューン 2018 Selected by LIL MOFO

FNMNLの夏の恒例企画『ベストサマーチューン』。アーティストやブランドデザイナー、ショップオーナーなどの方々が、思い思いの2018年の夏の1曲をピックアップ。暑すぎる今年の夏のお供に選ばれるのは、一体どんな楽曲たち?

MOST POPULAR

【Interview】UKの鬼才The Bugが「俺の感情のピース」と語る新プロジェクト「Sirens」とは

The Bugとして知られるイギリス人アーティストKevin Martinは、これまで主にGod, Techno Animal, The Bug, King Midas Soundとして活動し、変化しながらも、他の誰にも真似できない自らの音楽を貫いてきた、UK及びヨーロッパの音楽界の重要人物である。彼が今回新プロジェクトのSirensという名のショーケースをスタートさせた。彼が「感情のピース」と表現するSirensはどういった音楽なのか、ロンドンでのライブの前日に話を聞いてみた。

【コラム】Childish Gambino - "This Is America" | アメリカからは逃げられない

Childish Gambinoの新曲"This is America"が、大きな話題になっている。『Atlanta』やこれまでもChildish Gambinoのミュージックビデオを多く手がけてきたヒロ・ムライが制作した、同曲のミュージックビデオは公開から3日ですでに3000万回再生を突破している。

Floating Pointsが選ぶ日本産のベストレコードと日本のベストレコード・ショップ

Floating Pointsは昨年11月にリリースした待望のデビュー・アルバム『Elaenia』を引っ提げたワールドツアーを敢行中だ。日本でも10/7の渋谷WWW Xと翌日の朝霧JAMで、評判の高いバンドでのライブセットを披露した。