SZAが「昔はキャリアウーマンになりたかった」と語る

今では名実ともにシーンを代表するディーヴァの1人となったSZAだが、昔は歌手になろうとは思っていなかったらしい。

British Vogueのインタビューに登場した彼女が、まだ歌手になる前に抱いていた将来の夢について語っている

このインタビューで彼女は「私は絶対にビジネスに携わりたかったの。音楽には携わりたくなかった」と語り、続けて「私はとてもいい立地のオフィスを持って、多くの尊敬を集めて、成功を収めるはずだったのよ」と今とは全く違うライフプランを描いていたことを明かした。

最終的に彼女はビジネスではなく、音楽に携わることになったわけだが、“多くの尊敬を集め、成功を収める”という点においては夢を叶えたといえるだろう。

実際のところSZAは、現在のR&Bシーンに欠かせないアイコニックな存在となっており、音楽に携わる道を選んで正解だったのかもしれない。

とは言いつつも、もし彼女がビジネスの道に進んでいたとしたらどのような結果になっていたのか気になるところではあるが。

インタビューの全文はこちらで読める。

RELATED

Kendrick LamarとSZAが次回作より自由契約になる可能性

言わずと知れた人気レーベルのTop Dawg Entertainment。TDEを代表するアーティストといえばKendrick LamarとSZAの二人がいるが、彼らの作品はそれぞれInterscopeとRCAからリリースされている。そのような状況の中、二人が次のアルバムより自由契約になるとHits Daily Doubleが伝えている。

SZAがニューアルバム『A』が完成したと明かす

今週Kendrick Lamarが所属するTop Dawg Entertainment(TDE)には大きな動きがあった。その発端はIsaiah RashadがKendrick Lamarの新作を聴いたと述べたこと。元々TDEは、今年中にあと2作品をリリースするのを予定しており、ScHoolboy Qの新作とKendrickの新作がその2作に該当するとファンやメディアは色めき立った。

SZAがマリファナ入りのブラウニーを食べてバイト先をクビになった過去を明かす

アルバム『ctrl』がグラミー賞にノミネートされ、楽曲が23億回以上のストリーミング数を記録するなど、アメリカの音楽シーンを代表するスターの一人となったSZA。シンガーになる以前はキャリアウーマンになるのが夢だったとも語っていた彼女が、同じくシンガーになる以前のアルバイトのエピソードを明かしている。

MOST POPULAR

音楽を聴いて鳥肌が立つのは特殊な脳の構造を持つ人だけが経験できるという研究結果

音楽を聴いて鳥肌が立つ、という体験をしたことがあるだろうか。もしあるならば、あなたはとてもラッキーな経験をしている。

大人になってからの音楽の好みは14歳の時に聴いた音楽で形成されている

私たちの音楽の好みは14歳の時に聴いた音楽によって形成されていると、研究により明らかになった。

Appleの重役がiTunesの音楽ダウンロードが終了することを認める

ついにその日が来てしまうのだろうか。先日発表されたアメリカレコード協会(RIAA)の2017年末の収入報告でもデジタルダウンロードの売り上げが2011年以来6年ぶりにCDやアナログレコードなどの売り上げよりも少なくなったと発表されたが、ちょうどそのタイミングでApple Musicの重役のJimmy Iovineが、iTunesストアの音楽ダウンロードが、終了する見込みであることをBBCの取材に対して認めている。