ベストサマーチューン 2018 Selected by 思い出野郎Aチーム

FNMNLの夏の恒例企画『ベストサマーチューン』が今年も帰ってきました。アーティストやブランドデザイナー、ショップオーナーなどの方々が、思い思いの2018年の夏の1曲をピックアップ。暑すぎる今年の夏のお供に選ばれるのは、一体どんな楽曲たち?

昨年カクバリズムから2ndアルバム『夜のすべて』をリリースし、今年1stEP『楽しく暮らそう』をリリース予定の8人組のソウルバンド思い出野郎Aチームのメンバーの今年の夏の1曲。

山入端祥太(Tb)

Plearn Promdan - "Wan Maha Sanook"

コメント

猛暑では飽き足らず、酷暑と表現される今年の夏。僕は仕事を辞め、練習終わりは毎回弟が働いているタイ料理屋で飲む毎日です。そんな店内にはタイ・ポップスが流れているんですが、タイの音楽を探っていくとタイ・ファンクなるジャンルが。紹介するのはタイの国民的アイドルのPlearn Promdanの一曲。キメ部分の絶妙なゆらぎや「ラ~ラーララ~…」のフレーズなんかは、今年のうだるような暑さを的確に表現してるように思いませんか。弟は今年の夏タイに行くそうなので、タイ・ファンクをdigってきてほしいです。

斎藤録音(Gt)

Gui Tavares & Edu Passeto - "Sabia Na Palmeira"

コメント

エレピと弦の調べ、なんとなく夏っぽいなと、ただそれだけですが、CDの試聴機で聞いて買った今夏のベストワン。

岡島良樹(Dr)

Peggy Seeger - "Keokeokolo"

コメント

Peggy Seegerという1935年生まれのバンジョー弾を弾く方の1曲です。
Peggy Sistersとして3姉妹で歌っているもので、聞き慣れないタイトルのこの曲はアフリカの民謡なんだそうです。

小学生の頃、私達の家族は木造の2階建ての家に住んでおり、上の階に兄と私2人の子供部屋がありました。
夏は熱がこもりやすく大変寝苦しい為、1階にあった和室に親が布団を敷いてくれて、そこで寝ていました。
そのときに必ず涼しげな音楽が流れていたのですがその1つがこの曲でした。

どこまでもやさしい声で歌われる不思議な言葉と朗らかなバンジョーが心地よく、"コーケヨーコー"とよく真似をして歌っていました。

今年はPrincess Nokiaの歌声からなんとなくPeggy さんを思い出し、子供達との寝入りにまたよく聴いています。

松下源(Per)

Clap! Clap! - "Ode To The Pleiades" (Live Band Version)

コメント

泣く子も黙るBlack Acre所属のトロピカル・ベースミュージック・マスター、Clap!Clap!最新作。神話を語り継ぐが如くの壮大なバンド演奏、それは星になったプレアデスに捧ぐ、めまぐるしくも儚く美しい真夏の夜の夢。

告知

思い出野郎Aチーム presents SOUL PICNIC
2018年8月25日(土)東京都 UNIT&SALOON
OPEN&START 23:00
<出演者>
思い出野郎Aチーム / OMSB / KEITA SANO / 食品まつり a.k.a foodman / ミツメ / CBS & Chicken Is Nice
DJ:1-DRINK / Shhhhh / やけのはら / VIDEOTAPEMUSIC / HIYASHI CHINA COUNCIL(Kunilopez + マイケルJフォクス)

http://eplus.jp/sys/T1U89P0101P006001P0050001P002266846P0030001P0006

思い出野郎Aチーム
ファーストEP『楽しく暮らそう』

2018.09.05 Release
DDCK-1056 / ¥1800+税
レーベル : カクバリズム

[収録曲]
01. 楽しく暮らそう
02. 去った!
03. 無許可のパーティー
04. サマーカセット
05. 僕らのソウルミュージック

思い出野郎Aチーム

2009年の夏、多摩美術大学にて結成された8人組のソウルバンド。

2015年、mabanuaプロデュースによる1stアルバム「WEEKEND SOUL BAND」をリリース。

2017年、カクバリズムに移籍し、2ndアルバム「夜のすべて」を、2018年には1stEP「楽しく暮らそう」をリリース。

メンバーは、VIDEOTAPEMUSIC、mei ehara、chelmico、G.Rinaなどのミュージシャンのライブサポート、レコーディングへの参加、Negicco、lyrical school、NHKの子供番組「シャキーン!」への楽曲提供や、それぞれがDJ活動を行うなど、多岐にわたって精力的な活動をしている。

http://oyat.jp

RELATED

思い出野郎Aチームがマンスリー自主企画『ウルトラソウルピクニック』を来年開催決定

全国各地で熱烈なファンを獲得し、キネマ倶楽部でのワンマンライブもソールドアウトと勢いにのる思い出野郎Aチームが、多摩美術大学で結成してから10周年を迎える来年2019年にマンスリー自主企画「ウルトラソウルピクニック」を開催する。

思い出野郎Aチームが"楽しく暮らそう"のミュージックビデオを公開 | 監督はVIDEOTAPEMUSIC

思い出野郎Aチームが先日リリースした1stEP『楽しく暮らそう』からタイトル曲のミュージックビデオを公開した。

オートモアイの個展が江ノ島オッパーラで開催 | 最終日には思い出野郎Aチームによるパーティーも

表情が描かれない女性像のドローイングで高い人気をほこるオートモアイが、10/10(水)から10/14(日)まで江ノ島オッパーラで個展『unknown window』を開催する。

MOST POPULAR

【Interview】UKの鬼才The Bugが「俺の感情のピース」と語る新プロジェクト「Sirens」とは

The Bugとして知られるイギリス人アーティストKevin Martinは、これまで主にGod, Techno Animal, The Bug, King Midas Soundとして活動し、変化しながらも、他の誰にも真似できない自らの音楽を貫いてきた、UK及びヨーロッパの音楽界の重要人物である。彼が今回新プロジェクトのSirensという名のショーケースをスタートさせた。彼が「感情のピース」と表現するSirensはどういった音楽なのか、ロンドンでのライブの前日に話を聞いてみた。

【コラム】Childish Gambino - "This Is America" | アメリカからは逃げられない

Childish Gambinoの新曲"This is America"が、大きな話題になっている。『Atlanta』やこれまでもChildish Gambinoのミュージックビデオを多く手がけてきたヒロ・ムライが制作した、同曲のミュージックビデオは公開から3日ですでに3000万回再生を突破している。

Floating Pointsが選ぶ日本産のベストレコードと日本のベストレコード・ショップ

Floating Pointsは昨年11月にリリースした待望のデビュー・アルバム『Elaenia』を引っ提げたワールドツアーを敢行中だ。日本でも10/7の渋谷WWW Xと翌日の朝霧JAMで、評判の高いバンドでのライブセットを披露した。